姫路港~家島・小豆島 フェリーでの行き方まとめ!【駐車場 乗り場】再開発の港湾計画も

フェリー

スポンサーリンク

兵庫県姫路市にある姫路港からは、家島諸島(家島/坊勢島/男鹿島/西島)と、小豆島へフェリーで行く航路があります。

姫路港から島旅の拠点となる、フェリー乗り場へのアクセス方法、車をとめる駐車場、フェリーの料金や航路など、行き方についてまとめてみました。

また、兵庫県の港湾計画のなかで、姫路港旅客船ターミナルについて、再開発・リニューアルする計画があるので、あわせて紹介します。

姫路港~家島・小豆島 フェリーでアクセス


兵庫県姫路市は瀬戸内海に面していて、大きな港がある街です。

港からフェリーに乗れば、船からの景色と島旅を気軽に楽しむことができます。

姫路から船旅の拠点となる場所

姫路駅から姫路港

港のフェリー乗り場は、JR姫路駅から海に向かって南へ約6㎞に位置し、車・バスを利用して約20分で行くことができます。

港には海上交通の拠点となる、ポートセンタービルがあります。

ビルの中にはチケット販売の他に、待合所、簡易小売店などがあり、旅客者のターミナルになっています。

ポートセンタービルは、旅客船乗場の傍にあるので、そこから船に乗ります。

姫路から家島・小豆島の航路地図

フェリー乗り場からは「家島諸島」と、「小豆島」への定期航路が運航しています。

家島諸島へは約30分、小豆島へは約1時間40分で行くことができます。

フェリー乗り場へのアクセス(車・バス)

フェリー乗り場と駐車場
姫路港ポートセンタービル

◆姫路バイパス「中地インター」出口を南へ約4㎞、10分ほど。

ポートセンタービルの周辺には有料の駐車場がありますので、そちらを利用できます。

フェリー乗り場のバス停

◆JR姫路駅・山陽電鉄姫路駅から、神姫バス「姫路港行き」(駅北口のりば)⇒約20分

◆山陽電鉄飾磨駅下車、徒歩5分。「飾磨工業前」から、神姫バス「姫路港行き」⇒約10分

各駅からは1時間に、2~3本のバスが運行しています。

時刻表(家島観光事業組合HP)

バスの終点はポートセンタービルの入口付近になります。

交通状況によっては混雑する場合がありますので、時間に余裕をもってバスに乗車するのをおすすめします。

>姫路で使えるタクシー配車アプリはこちら

家島諸島へフェリーで行く (車は不可)

姫路から家島町の航路

海岸から約18kmの播磨灘に浮かぶ島々を「家島諸島」と呼びます。大小44の島々からなり、一帯は瀬戸内海国立公園の一部で、兵庫県姫路市に属します。

人が住んでいるのは家島坊勢島男鹿島西島の4島で、約6,000人が暮らしています。

家島諸島では、観光事業組合が提供する、様々な体験観光プランがあります。

写真だけでも島の雰囲気が楽しめますので、是非ご覧になってみてください。

家島諸島には、車でそのまま乗り入れることができないので、注意が必要です。

家島への行き方

家島(いえしま)へは「高福ライナー」、または「高速いえしま」の定期船が運航しています。

フェリー乗り場から約30分の船旅で行くことができ、1時間に1~2本が運行しています。

土日のみ運行している時間帯もあるので、詳細は時刻表よりご確認ください。

片道料金

高速いえしま(家島⇔姫路)

大人1000円 学生(中学生・高校生・専門学生・大学生)500円 小人300円

*専門学生・大学生のご乗船の際には、必ず学生証を提示ください。小人運賃は、小学校に就学している小児です。ただし、大人に同伴されて乗船する場合は、小学校4年生までは、大人1人につき2名は、無料とします。3人目以降または、単独で乗船する場合は有料です。

高福ライナー(家島⇔姫路)

大人1,000円、子ども500円 ※10歳までは無料。

家島観光事業組合HPより抜粋

男鹿島・坊勢島への行き方

男鹿島(たんがじま)、坊勢島(ぼうぜじま)へは、「坊勢汽船」の定期船が運行しています。

坊勢汽船は、男鹿島を経由して坊勢島へ、輝観光(ひかりかんこう)は、坊勢島直行です。

フェリー乗り場から男鹿島、坊勢島までは、約30分の船旅です。詳細は時刻表よりご確認ください。

片道料金】大人料金(小人料金)

◆坊勢汽船:姫路港⇒男鹿島⇒坊勢島

男鹿⇔姫路 1,000円(500円)

坊勢⇔姫路 1,000円(500円)

自然体験センター 1,500円(750円)

※自然体験センター行きの時刻表は、兵庫県立いえしま自然体験センターのホームページをご参照ください。

家島観光事業組合HPより抜粋

小豆島へフェリーで行く

姫路から小豆島行きの航路地図

小豆島には6つの港があります。そのうち姫路から近い福田港へ「四国フェリー」の定期航路が、1日に7便、運航しています。

フェリー乗り場からは小豆島までは約41km、約1時間40分で到着します。

四国フェリーが運航している船は、定員490名の大型船で、船内には売店も併設されており、ゆっくりとした船旅を楽しむことができます。

四国フェリーには車両とともに乗船できるので、小豆島でドライブも楽しめます。

片道料金

四国フェリー(福田港⇔姫路港)

大人1550小人780円

団体割引や車両の運賃・予約など、詳細については、時刻表・運賃でご確認ください。

姫路港の再開発・港湾計画

姫路港のランドマーク

姫路港の整備方針を定める港湾計画は、令和元年の国土交通省の審議会において審議され、内容を改訂することが了承されています。

姫路港では、臨海地域での再開発が推進されるので、各地区の港湾計画と、改訂された箇所を中心にまとめてみます。

兵庫県 姫路港港湾計画図(PDF)より

姫路港は、製鉄工場や化学工場が立地し、製造品出荷額では近畿圏の14%を占めるなど、日本の基幹産業を支える、海運、物流、貿易の重要な拠点になっています。

東西の範囲は、大塩から網干までの約18㎞で、港湾法上の国際拠点港湾に指定されています。

姫路港旅客船ターミナル周辺の計画

飾磨地区にある、フェリー乗場と貨物は、旅客船ターミナルに機能を集約・再編して、リニューアルされます。

国土交通省資料(PDF)p14より作成

旅客については、ポートセンタービルの老朽化や、旅客船ターミナルがクルーズ船の停泊場所と離れているなど、利便性・快適性の不足が指摘されています。

計画では、現在のポートセンタービルの機能が、旅客船ターミナルに移設・集約されることになっています。

小豆島行きのフェリーや、家島行きの定期船などは、旅客船ターミナルの前に整備される、新しい乗船場に集約されます。

国土交通省資料(PDF)p14より作成

貨物の取扱機能は、現在、フェリーや定期船の乗船場になっている、ポートセンタービルの前に再編・集約されます。

貨物の移設にともなって、家島の定期船などで使用している、既存の桟橋は撤去されます。

また、現在クルーズ船が停泊する岸壁は、貨物用になっていますが、貨客併用の岸壁に用途が変更されます。

ポートセンタービルの機能が、旅客船ターミナルへ集約するのにともない、ポートセンタービルは撤去されます。

撤去後は、貨物倉庫を新設する計画になっています。

姫路旅客船ターミナル

旅客船ターミナルの南側にある、大きな敷地には、にぎわいの施設が新設されます。

施設の計画については今後公募が予定されています。

このエリアは全体として、地域のブランド価値を向上させるような、美しく快適で安全な港湾空間の形成を目指します。

岸壁・物流の整備

網干の海沿いでは、浚渫土砂(川底をさらった土)を活用し、産業空間の確保を目的とした、埋め立てが計画されています。

浜田地区では日本触媒の西側、網干沖地区ではエコパーク網干の南側で、埋め立てによる用地造成が計画されています。

国土交通省資料(PDF)p12より

今回の改訂では、エコパーク網干の南側にできる、埋め立て地に予定されていた、公共埠頭の計画が削除されています。

また、国道250号線から続く、広畑地区の臨港道路について、2車線から4車線へと変更になっています。

車線の拡幅と臨港道路網干沖線、広畑地区に計画されている水深14mの岸壁とあわせて、海上輸送・陸上輸送の物流機能が強化されます。

高速道路

妻鹿周辺の計画

妻鹿地区には、手柄の中央卸売市場が、移転する予定になっています。


卸売市場が移転する用地について、工業用地から都市機能用地に、用途が変更になっています。

このほか、出光興産の跡地には、天然ガス発電所を建設する計画があります。

姫路中央卸売市場 新築工事 イメージ図

景色・自然を保全するエリア

白浜地区、大塩地区については、姫路港に残る貴重な原風景を保全するため、「自然的環境を保全する地区」に位置付けられます。

姫路港港湾計画改定(PDF)p20より作成

的形地区では、地元の民間企業が、会社前の細長い港で、ヨットハーバーの整備を進めています。

姫路港のリニューアルはいつ?

姫路港がこれからも地域を牽引する港としての役割を果たしていくため、「物流・産業」「交流・生活」「自然・環境」「安全・安心」の4つの機能が融合した活気ある港の実現を目指し、令和10年代半ばを目標年次として以下の方針を定め、港湾計画を改訂する。

姫路港港湾計画書(PDF)p2より

整備計画の方針については、令和10年代半ばを目標とあります。今から、10~15年ぐらいかけて、計画が進められていくようです。

姫路港をめぐるこのエリアには、新しい高速道路の建設が、計画されています。

播磨臨海地域道路のルートイメージ図

播磨臨海地域道路ができると、阪神エリアから、姫路港へのアクセスが、大幅に向上します。

姫路港のインフラ整備が進んで、企業の投資が増え、地域が活性化することを、期待したいと思います。

姫路港から瀬戸内海へ観光


普段、街中で生活していると、船に乗る機会はないように思います。

姫路は海が近く、気軽に船に乗れる環境があるので、利用しない手はありません。

安くて早く行ける家島は、日帰りで海鮮ランチを食べに行く人も多いようです。

非日常の体験ができる瀬戸内の島旅に、姫路の港から出かけてみてはいかがでしょうか。

※本記事は国土交通省「姫路港港湾計画改定(PDF)」、兵庫県「姫路港港湾計画書(PDF)」を参照して作成しました。計画詳細は各資料でご確認ください。
※記事中の地図は© OpenStreetMap contributorsより作成

下のボタンでシェアできます