姫路からすぐ行ける! 一度は行きたい瀬戸内の島々 旅を楽しむ航路を紹介




姫路市は瀬戸内海に面していて、大きな港がある街です。

姫路港から船に乗れば、船からの景色と島旅を気軽に楽しむことができます。

今回は姫路から行ける島々と、その航路を紹介したいと思います。

姫路港ってどこにあるの?

姫路港は、JR姫路駅から海に向かって南へ約6㎞に位置し、車・バスを利用して約20分で行くことができます。

姫路港には海上交通の拠点となる、ポートセンタービルがあります。

ビルの中にはチケット販売の他に、待合所、簡易小売店などがあり、旅客者のターミナルになっています。

ポートセンタービルは、旅客船乗場の傍にあるので、そこから船に乗ります。

車でのアクセス

姫路港ポートセンタービル

◆姫路バイパス「中地インター」出口を南へ約4㎞、10分ほど。

ポートセンタービルの周辺には有料の駐車場がありますので、そちらを利用できます。

公共機関でのアクセス

姫路港ポートセンタービル バス停

◆JR姫路駅・山陽電鉄姫路駅から、神姫バス「姫路港行き」(駅北口のりば)⇒約20分

◆山陽電鉄飾磨駅下車、徒歩5分。「飾磨工業前」から、神姫バス「姫路港行き」⇒約10分

各駅からは1時間に、2~3本のバスが運行しています。

時刻表(家島観光事業組合HP)

バスの終点はポートセンタービルの入口付近になります。交通状況によっては混雑する場合がありますので、時間に余裕をもってバスに乗車するのをおすすめします。

どの島に行けるの?

姫路港からは「家島諸島」と、「小豆島」への定期航路が運航しています。

家島諸島へは約30分、小豆島へは約1時間40分で行くことができます。

家島諸島には、車でそのまま乗り入れることができないので注意が必要です。

家島諸島への航路

姫路港から約18kmの播磨灘に浮かぶ島々を「家島諸島」と呼びます。大小44の島々からなり、一帯は瀬戸内海国立公園の一部で、兵庫県姫路市に属します。

人が住んでいるのは家島坊勢島男鹿島西島の4島で、約6,000人が暮らしています。

家島諸島では、観光事業組合が提供する、様々な観光プラン があります。写真だけでも島の雰囲気が楽しめますので、是非ご覧になってみてください。

家島

家島(いえしま)へは「高福ライナー」、または「高速いえしま」の定期船が運航しています。

姫路港から約30分の船旅で行くことができ、1時間に1~2本が運行しています。土日のみ運行している時間帯もあるので、詳細は時刻表で確認してみてください。

【片道運賃】

高速いえしま(家島⇔姫路)HP

大人1000円 学生(中学生・高校生・専門学生・大学生)500円 小人300円

*専門学生・大学生のご乗船の際には、必ず学生証を提示ください。小人運賃は、小学校に就学している小児です。ただし、大人に同伴されて乗船する場合は、小学校4年生までは、大人1人につき2名は、無料とします。3人目以降または、単独で乗船する場合は有料です。

高福ライナー(家島⇔姫路)HP

大人1,000円、子ども500円 ※10歳までは無料。

家島観光事業組合HPより抜粋

男鹿島、坊勢島

男鹿島(たんがじま)、坊勢島(ぼうぜじま)へは、「坊勢汽船」「輝観光」の定期船が運行しています。

坊勢汽船は姫路港から男鹿島を経由して坊勢島へ、輝観光(ひかりかんこう)は姫路港から坊勢島直行です。

姫路港から男鹿島、坊勢島までは、約30分の船旅です。詳細は時刻表で確認してみてください。

【片道運賃】大人料金(小人料金)

◆坊勢汽船:姫路港⇒男鹿島⇒坊勢島

男鹿⇔姫路 1,050円(530円)

坊勢⇔姫路 1,100円(550円)

自然体験センター 1,200円(600円)

◆輝観光(ひかりかんこう):姫路港⇒坊勢島

坊勢⇔姫路 1,100円(550円)

自然体験センター 1,200円(600円)

※自然体験センター行きの時刻表は、兵庫県立いえしま自然体験センターのホームページをご参照ください。

家島観光事業組合HPより抜粋

関連記事:年収1000万で豪邸も! 漁業で豊かなくらし 家島

小豆島への航路

小豆島には6つの港があります。そのうち姫路から近い福田港へ「四国フェリー」の定期航路が、1日に7便、運航しています。

姫路港からは小豆島までは約41km、約1時間40分で到着します。

四国フェリーが運航している船は、定員490名の大型船です。船内には売店も併設されており、ゆっくりとした船旅を楽しむことができます。

四国フェリーHPより

四国フェリーには車両とともに乗船できるので、小豆島でドライブも楽しめます。

【片道運賃】

四国フェリー(福田港⇔姫路港)

大人1520円、小人760円

団体割引や車両の運賃・予約など、詳細については、こちらをご覧ください。

さいごに

普段、街中で生活していると、船に乗る機会はないですよね。

姫路からは海が近く、気軽に船に乗れる環境があるので、利用しない手はありません。

安くて早く行ける家島は、日帰りで海鮮ランチを食べに行く人も多いようです。

非日常の体験ができる島旅に、出かけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼