AI画像認識 仕組みと活用事例のウェブセミナー開催!兵庫県立大学准教授が講師

スポンサーリンク

AI画像認識のシステムについて、仕組みと活用事例がオンラインで学べる、ウェブセミナーの開催を紹介します。

講師を務めるのは、兵庫県立大学工学部大学院の、森本雅和准教授です。

AI画像認識システムのウェブセミナー開催と、兵庫県立大学工学部の取り組みについて、まとめてみました。

AI画像認識とは

AI画像認識とは、AI(人口知能)を使って、今までにない精度と速さで、コンピューターが画像を認識する技術です。

AI(人口知能)が、大量の画像データを処理することで、自らデータの傾向などを学習し、正確に画像を認識・判断します。

この技術は、近年注目を集めており、さまざまな産業分野での活用が、期待されています。

仕組みと活用事例を学ぶセミナー

AI画像認識システムについてオンライン学べる、ウェブセミナーが開催されます。

◆AI画像認識システムの基礎と応用~プログラミング言語Pythonによるサンプルプログラムとともに(PRTIMES)2020年10月8日
https://bit.ly/3iKoucS

このセミナーは、先端技術や市場情報を提供している、㈱シーエムシー・リサーチが開催します。

セミナー講師に、兵庫県立大学の森本雅和准教授を迎え、AI画像認識システムの基本から、事例を踏まえた活用方法などを学びます。

セミナーは、Zoomを使った、オンラインのライブ配信で行われるので、全国どこからでも参加可能になっています。

【セミナー概要】
日時:2020年10月26日(月)
時間:13:30~16:30
講師:森本雅和 兵庫県立大学准教授

【対象者】
基礎的なプログラミング経験があり、AI画像認識システムの導入を、検討している技術者

学べるポイント!

・プログラミング言語Pythonによる画像処理・認識の始め方

・AI画像認識システムの構成要素

・学習による精度改善手法

兵庫県立大学 森本雅和 准教授が講師


講師の森本准教授は、兵庫県立大学工学部大学院で、画像認識・三次元画像処理の研究をされています。

身近な活用事例としては、世界初となる、パンの画像認識レジを開発されており、このレジは実際の店舗で導入されて、話題になっています。

兵庫県立大学工学部では、人工知能研究教育センターを設けるなど、AI関連の人材育成支援に取り組んでいます。

>森本雅和 兵庫県立大学公式サイト

Pythonで自作も

最近では、プログラム言語「Python」が、比較的学びやすい環境にあるので、個人で画像処理システムを、自作する方もいるそうです。

セミナーでは、野菜画像の識別プログラムの事例を取り上げるなど、企業の中にある単純な作業を、機械化するような、ヒントがあるかもしれません。

プログラミングの経験があり、AI画像システムに興味のある方は、セミナー詳細をご覧になってみてはいかがでしょうか。

シーエムシー・リサーチ セミナー詳細

>『スッキリわかるPython入門』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます