姫路城の歴史を6つのポイントでまとめました

姫路城の鯱(しゃちほこ)がグッズで販売!【キーホルダー 置物】鋼で再現!通販も

姫路城のシャチホコ

スポンサーリンク

姫路城の鯱(しゃちほこ)が、3Dスキャンの詳細な再現で、グッズになって販売されたので紹介します。

鯱(しゃちほこ)のグッズは、キーホルダーと置物の2種類で、ステンレス製になっています。

姫路城の観光お土産だけでなく、通販でも販売されているので、販売サイトとあわせて紹介します。

姫路城の鯱(しゃちほこ)がグッズで販売

シャチホコのキーホルダーと置物

姫路城の鯱は、時代とともに取り換えられており、明治・昭和・平成の改修時に交換されたものが、現在でも姫路城内に展示されています。

天守の屋根に据え付けられる鯱は、通常、オスとメスで一対になっています。

姫路城の鯱は、両方ともにオスになっており、全国的に珍しいと言われています。

本物を3Dスキャンして鋼で再現

シャチホコのスキャンと3Dデータ
3Dスキャン中の様子と3Dデータ

広島県の精密鋳造メーカー㈱キャステムが、姫路城の鯱を鋼で再現した、キーホルダーと置物を販売開始しました。

◆【本物を3Dスキャンして完全再現】姫路城の歴代「しゃちほこ」が商品に(PRTIMES)2021年4月6日より

グッズの制作にあたっては、姫路市の協力のもと、姫路城内に展示されている鯱が、実際に3Dスキャンされ、データ化されています。

欠落したヒレ、些細な傷までもが、完全に再現されており、本物そのままの姿で、㈱キャステムの精密鋳造技術により、ステンレスのグッズになっています。

姫路城の鯱(しゃちほこ)キーホルダー

姫路城のシャチホコ 明治・昭和・平成のキーホルダー 
左から明治・昭和・平成

姫路城鯱瓦(しゃちがわら)キーホルダー
・種類:明治・昭和・平成の3種
・サイズ:1/62スケール(全長3cm)
・材質:ステンレス

姫路城の鯱(しゃちほこ)木箱入り置物

姫路城のシャチホコ 明治・昭和・平成の置物
左から明治・昭和・平成

姫路城鯱瓦(しゃちがわら)置物
・種類:明治・昭和・平成の3種
・サイズ:1/25スケール(全長7.5cm)
・材質:ステンレス
・3種セットあり

しゃちこほこグッズは通販で買える

姫路城の鯱は、時代によって違いがあり、それぞれに特徴があります。

明治:ウロコの彫が一番深い
昭和:ヒレが大きく華やか
平成:昭和の形状を踏襲しつつも、より迫力を持たせている

制作されたグッズは、細部まで詳細に再現されているので、並んだ状態でよく見てみると、各時代の違いがよく分かります。

鯱の瓦は「火除けの守り神」として、お城を守っていると言われています。

自宅のお守りや、観光のお土産として、ひとつ購入されてみてはいかがでしょうか。

IRON FACTORY ECサイト

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます