姫路で会議が増える? 観光庁が支援都市を決定 MICE誘致強化で




イメージ

観光庁がMICE強化で、姫路市への支援を決定しました。

◆コンベンションビューロー機能高度化のための支援事業に参加する都市が決定しました!(観光庁)2019年6月28日

http://bit.ly/2JE1Sva

MICEとは

「MICE」とは、企業会議(Meeting)、企業の報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・イベント(Exhibition/Event)を総称したもの。  

観光庁HPより

例えば、6月に開催されたG20サミットのように、たくさんの人が集まって行われる、会議やイベントのことです。

日本では「グローバルMICE都市」というのがあって、 東京都、横浜市、京都市、神戸市、福岡市、名古屋市愛知県、大阪府大阪市、札幌市、仙台市、千葉県千葉市、広島市、北九州市の計12都市 が指定されています。

支援強化とは

イメージ

観光庁では、MICEを開催する事務局の強化事業として、誘致に積極的な2都市を公募していました。そしてこの度、観光庁は支援対象都市として、姫路市と長崎市の2都市を決定しました。

支援対象になると、専門知識が豊かで、国際的なネットワークを持つ、海外有識者が派遣されます。コンサルティングを受けることで、MICEの誘致力を強化することにつながります。

さいごに

姫路市では、駅東に『姫路市文化コンベンションセンター』を新設しています。

関連記事:手柄山周辺ってどうなるの? 整備計画をざっくりまとめてみた (ページ2)

新しいコンベンションセンターにおいて、今までにない規模の会議が開催されることで、姫路市のPRにつながるだけでなく、ホテルや観光など、経済にも良い影響が期待できますね。

どんな会議が誘致されるか楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼