旭テクノロジーがドローンで高所点検 姫路の技術系企業

スポンサーリンク

姫路市に本社を置く旭テクノロジーが、ドローンの制御システムを開発しました。

◆D-road(ドローン用有線電源式移動ヘリポート及び制御システム)について(旭テクノロジーリリース)2019年3月15日

http://bit.ly/2OKkLAJ(PDF)

旭テクノロジー

旭テクノロジーの制御システムを使うことにより、高い所の点検が、ドローンを使って、簡単かつ正確にできるようになります。

今回発表されたのは、大型の風力発電機についているハネの部分を、繊細な画像で点検できるというシステムです。

従来のドローン点検では問題点がありました。

  • バッテリーが小さいので、長い時間使用できない。
  • ドローン操縦に高度な技術が必要。
  • 位置が安定しないので、正確な診断がむずかしい。

そこで、旭テクノロジーのシステムでは、

  • ドローンを電線でつないで地上から電源供給する。
  • 線でつながっているから、簡単に正確な高度が計れる(センチ単位!)。
  • カメラ位置が安定するから、点検画像も正確。

要するに、ドローンの操縦でカメラ位置を安定させるには、高度な操縦技術が必要だけれども、電線でつなげてしまえば、位置が安定するし電源も供給できる、ということでしょう。

このシステムなら高さ100mまで長時間撮影ができるので、大型の風力発電機なども点検できるということです。

今後は、高所におけるコンクリートの点検などにも応用していきたいとのことです。

D-road

旭テクノロジーでは、このシステムを特許出願中です。また、システムをD-roadと称し、商標も出願されています(商願番号2019-20983)。

日本では高度成長期に建設したインフラや、高層建築の老朽化が問題となっており、大きな需要が期待できます。

特許が認められるといいですね。今後が楽しみです。

また、人材も募集されています。会社説明会を開催されていますので、気になる方はご覧になってはいかがでしょう。

https://atcl.co.jp/archives/1800

株式会社旭テクノロジー ホームページ

https://atcl.co.jp/

>ドローン検定の標準テキスト『ドローンの教科書

>ドローン活用の参考書『ドローンビジネス参入ガイド




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます