電動キックボード公道実証実験を姫路で実施!製造・販売のベンチャー会社 E-KONとは

電動キックボード

スポンサーリンク

兵庫県姫路市で、電動キックボードによる移動範囲の変化や、利便性・安全性の課題を検証する、公道実証実験が実施されます。

公道実証実験では、ヘルメットの装着が任意となるなど、特例措置が認められており、ノーヘルで公道可能となっています。

公道OKの概要とあわせて、計画申請者で、電動キックボード製造・販売を手掛ける、ベンチャー会社「E-KON」を紹介します。 

姫路で電動キックボードの公道実証実験

姫路市の実証実験で使用される電動キックボード
姫路市長とE-KON代表

電動キックボードを製造・販売する、合同会社E-KONが、姫路市の公道で、ヘルメット着用が任意となる実証実験を開始しました。

◆電動キックボードのヘルメット着用が任意の実証実験を E-KONが兵庫県姫路市にて8月12日より開始(@PRESS)2021年8月12日より

今回の公道での実証実験は、姫路市と神姫バスの協力のもとで実施されます。

実施期間:令和3年8月12日~10月29日まで

公道OKの実証実験はヘルメット不要(任意)

電動キックボードのヘルメット装着とノーヘル

今回の実証実験は、合同会社E-KONが申請した「新事業活動計画」を、経済産業省が認定したものです。

認定された同計画内においては、電動キックボード運転時における、ヘルメットの着用が任意となります。

公道実証実験の概要と乗れる場所

姫路市の電動キックボード実証実験概要

実証実験では、電動キックボードの道路交通法上の扱いが「小型特殊自動車」となるなど、走行条件の変更が適用されます。

電動キックボード特例措置のポイント
・最高速度を15㎞/hに制限
・小型特殊自動車として取り扱う
・ヘルメットの着用が任意
・車道の走行が可能 など

電動キックボード実証実験の範囲
経済産業省HP(PDF)より

実証実験が認定された区域は、姫路駅を中心とした、半径約2.5㎞内のエリアになります。

今回の実験対象者は、神姫バスグループ社員と姫路市職員で、一般の利用はできません。

合同会社E-KONでは実施期間中に、公道で利用するために必要な、様々なデータの取得を目指します。

電動キックボード製造・販売「E-KON」

E-CONの電動キックボード
E-KONの電動キックボード

合同会社E-KON(イーコン)は、姫路市に本社を置く、電動キックボードを製造・販売する会社です。

日本国内で企画・開発を行い、海外の提携工場で生産する体制で、納車前には国内で安全点検を行うなど、品質管理を徹底しています。

日本国内で、累計1,000台以上の電動キックボードを販売しており、次世代モビリティで注目の、ベンチャー企業です。

また2020年9月に、事業者6社で立ち上げられた、電動モビリティの普及を促進する「日本電動モビリティ推進協会」にも参画しています。

公道可能の電動キックボード販売店

立ったまま乗れて、さっと移動できる電動キックボードが、気軽でいいですね。

E-KONのサイトでは、日本国内の保安基準を満たした、電動キックボードが販売されています。

最新の電動キックボードをお探しの方は、E-CONの公式サイトを、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

E-KON 公式サイト


関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます

使って得したおすすめサービス




BIGLOBEモバイルはYouTube見放題のオプションがあるので使っています。SIMを替えるだけでスマホ代が大幅に節約できて、何の不便も感じていません。




ネットが混雑する時間帯に回線が重くなることがあったので、NURO光に切り替えました。評判どおりサクサク快適で、料金もお得に節約できました。