姫路市内に窓口がある金融機関 32行をくらべてみた




以前に、水道料金をネット銀行の引き落としにしようとしたところ、「姫路市内に窓口がある金融機関しか指定できません」ということで、変更できませんでした。

口座引き落としの申請用紙をみてみると、姫路市内に窓口がある金融機関が記載してあり、数えてみると32行もありました。たくさんあって種別も様々だったので、わかりやすくまとめてみました。

調査方法

今回の調査は、姫路市水道局の申請用紙に記載されていた、姫路市内に窓口がある金融機関32行(2019年2月18日現在)を対象としました。

それらを、おおまかに3つに分類して、それぞれの金融機関を並べてみました。

大手金融機関

言わずと知れたメガバンクです。全国に支店があり、様々な金融サービスを複合的に提供しています。ゆうちょ銀行もこちらに記載しました。

グループ傘下の金融機関を含めて数えると、姫路には7行ありました。

メガバンクはグループが上場企業ですので、公開情報から時価総額の大きい順番に並べてみます。

※ 時価総額は、ヤフーファイナンスを参照(2019年6月21日時点 )

三菱UFJフィナンシャル・グループ

時価総額: 6,884,456百万円

国内最大の民間金融グループ。銀行、信託、証券、カード、リース等。

・三菱東京UFJ銀行

・三菱東京UFJ信託銀行

三井住友フィナンシャルグループ

時価総額:5,253,353百万円

傘下に三井住友銀、SMBC日興証券、プロミスなど。3大金融グループの一角。

・三井住友銀行

・三井住友信託銀行

みずほフィナンシャルグループ

時価総額:3,920,602百万円

3メガバンクの一角。旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身。銀行・信託・証券の連携加速。

・みずほ銀行

りそなホールディングス

時価総額:1,019,358百万円

旧大和・あさひ。傘下にりそな、埼玉りそな、近畿大阪。関西アーバン、みなと加わり5行体制。

・りそな銀行

ゆうちょ銀行

時価総額:4,837,500百万円

日本郵政グループ。預貯金額で国内最大。営業は郵便局に委託。貯金に上限規制。

ゆうちょ銀行

>日本郵政についてよくわかる、高橋洋一氏の著書はこちら

地方金融機関

兵庫県以外に本店がある、地方金融機関をまとめてみました。それぞれの地盤を中心に店舗を展開していて、姫路にも支店をおいています。

地方銀行は株式を公開している場合が多いですが、今回は、金融庁の公開情報、および各社HPをもとに、預金残高の大きい順に並べてみました。(単位:億円)

兵庫県外に本店があり、姫路に支店をおいている地方金融機関は10行ありました。

>『最新地方銀行の現状と取組みがよ~くわかる本』はこちら

地域密着型の金融機関

兵庫県内に本店がある、地方金融機関をまとめてみました。姫路市内にも複数の店舗を展開している、地域密着の金融機関です。

こちらにおいても、金融庁の公開情報、および各社HPを参考にして、預金残高の大きい順に並べてみました。(単位:億円)

兵庫県内に本店がある金融機関は15行、そのうち、姫路市内に本店をおくのは、4行ありました。

>協同組織金融機関の未来を記した本『よみがえる金融』を見てみる

さいごに

いかがでしたでしょうか。

姫路市内には、たくさんの金融機関があるので、どこを利用してよいのか、迷うことがあると思います。

今回は、時価総額や預金残高で並べてみましたが、各行の良し悪しを判断するものではありませんので、目安として参考にしてくださいね。

最近では、ネット銀行が便利になりましたが、窓口がある金融機関では、丁寧なサービスが受けられるので、安心して利用することができます。

窓口がある近くの金融機関で、ひとつ口座を開設してみては、いかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼