姫路の海ではどのような魚が獲れているのか ご当地メニューの参考に




坊瀬の漁協が新しい取組みをしています。

◆漁業体験見学船を披露 活性化に向けてPR(神戸新聞NEXT)

https://bit.ly/2TTze14

漁業体験っておもしろそうだけど、そもそも、姫路の港では何が獲れるのだろうか。調べてみた。

意外な魚が上位だった

平成28年のデータになりますが、全体では16,338トン。イカナゴとカタクチイワシの2種で漁獲量全体の63.3%を占めていました。

イカナゴは容易に思いつきましたが、2位がイワシってのが以外でした。

姫路でイメージする魚といえば、イカナゴの次にはアナゴ、タイ、シャコぐらいしか思いつきませんでした。

イワシはどこでも獲れるものなんでしょうか。イワシがこんなに獲れているならイワシを名物にしたご当地グルメなんか、あったらおもしろいのかと。

イワシの生姜煮弁当とか、イワシのアヒージョとか、新鮮さを打ち出したメニュー開発すると、姫路ならではのブランドができるのではないでしょうか。

一方で、姫路名物と思っていたアナゴは少ないんですね。全体の0.15%と微々たるものです。姫路のアナゴは高級料亭でしか食べられないぐらい希少なものなんですね。

養殖でのダントツ一位はなんでしょう?

一方で、養殖の生産量をみてみましょう。こちらはダントツで一位はノリ!!

なるほどと思った反面、魚って少ない印象です。

播磨灘は養殖に適してないのでしょうか。海外では大規模な養殖でサーモンなどを生産していますし、和歌山などではマグロなども生産しています。

また、最近では陸上養殖の技術が進んでいるので、IoTを利用した養殖業は成長産業として捉えられており、ベンチャー企業も育ってきています。

姫路でも魚類の養殖が盛んになって、アナゴとかウナギを生産できるようになれば、新たなご当地グルメが生まれるかもしれませんね。

参考:姫路市漁業統計

https://bit.ly/2TrnYE8

>メニュー開発の参考書に

プロ志向を究めるメニュー開発入門基本60項

料理のアイデアと考え方2 -9人の日本料理人、12の魚介の使い方を議論する

勝ち残る飲食店の「メニュー開発」はここが違う

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼