播磨灘ではどんな魚が獲れる?姫路の漁港を調べてみた!イワシが海遊館で展示も

群れ泳ぐ魚

スポンサーリンク

兵庫県姫路市の坊勢漁協が、漁業体験を実施する、新しい取組みを始めています。

漁業体験っておもしろそうだけど、そもそも、播磨灘ではどんな魚が獲れているのだろうと思ったので、姫路の魚港で獲れた、漁業統計を調べてみました。

また、播磨灘のカタクチイワシが、大阪の海遊館で展示されているというので、追記しました。

◆漁業体験見学船を披露 活性化に向けてPR(神戸新聞NEXT)
https://bit.ly/2TTze14(リンク切れ)

播磨灘で獲れる魚はイカナゴが多い

姫路市の魚種別漁獲量 円グラフ

平成28年のデータになりますが、姫路市の総漁獲量は、全体では16,338トンになります。

そのうち、イカナゴとカタクチイワシの2種類で、漁獲量全体の63.3%を占めています。

播磨灘で多く獲れる魚というと、イカナゴは容易に思いつきましたが、2位がイワシってのが以外でした。

姫路でイメージする魚といえば、イカナゴの次にはアナゴ、タイ、シャコぐらいしか思いつきません。

姫路名物と思っていたアナゴは、思ったより少なく、漁獲総量全体の0.15%と微々たるものでした。

姫路のアナゴは高級料亭でしか食べられないぐらい、希少な高級魚になっているようです。

播磨灘では養殖も盛ん

姫路市の海面養殖生産量

養殖の生産量を見てみると、こちらはダントツで一位がノリです。

ほとんどがノリで、なるほどと思った反面、魚の養殖が少ない印象です。播磨灘は魚の養殖に適してないのでしょうか。

海外では大規模な養殖場でサーモンなどを生産していますし、和歌山や鹿児島などでは、マグロなども生産しています。

最近では陸上養殖の技術が進んでいるので、IoTを利用した養殖業は、今後成長する産業だと言われています。

播磨灘は流れ込む川が多く、栄養分が多いと言われていますので、アナゴやウナギなど、魚類の養殖が盛んになればいいなと思います

イワシが海遊館で展示

海遊館:チリの岩礁地帯

【追記】兵庫県姫路市の妻鹿漁港から、海遊館の展示水槽に、播磨灘のイワシが搬入されました。

◆カタクチイワシを約1万尾搬入します(海遊館プレスリリース)2020年10月1日
https://bit.ly/378wPoT(PDF)

漁獲された際に傷つきやすい、デリケートなカタクチイワシですが、坊勢漁港の漁師さんが、傷つけず収集する技術を持っており、輸送することができたそうです。

搬入されたカタクチイワシは、海遊館の水槽「チリの岩礁地帯」で展示されています。

姫路の漁港で新名物をつくる?

カタクチイワシは、北海道から九州南岸まで広く分布し、播磨灘でも漁獲されています。

姫路の漁港でたくさん獲れている、カタクチイワシを名物にした、ご当地グルメがあると、おもしろいなと思います。

イワシの生姜煮弁当とか、イワシのアヒージョとか、新鮮さを打ち出したメニューを開発すると、姫路ならではのご当地ブランドができそうです。

姫路の漁港で新しい名物ができるといいなと思います。

参考:姫路市漁業統計(姫路市)

>『B級ご当地グルメでまちおこし』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます