キンキサイン 姫路のお茶飲料製造メーカーが話題 本社工場の増設で求人も

スポンサーリンク

お茶などの飲料を製造するキンキサインが茶殻の利用で話題になっています。

◆麦茶殻、飼料に再利用 キンキサインが関西・中国の牧場へ販売(日刊工業新聞電子版)2019年4月4日

https://bit.ly/2UslqKu

キンキサインでは、ペットボトルのお茶を作って、茶殻を飼料として販売するとのことです。一粒で2度おいしいパターンですね。ごみ削減にもつながります。

お茶などの飲料製造メーカー

【会社概要】 ※ キンキサインHPより

社名キンキサイン株式会社
創業昭和45年5月22日
社長山口 祖廣
年商251億円(平成30年度実績)
従業員数269名(平成30年12月25日現在/パート・アルバイト含む)
本社事務所兵庫県姫路市豊沢町156番地  姫路アドバンスビル8階
工場本社第二工場、徳島工場、千葉工場

キンキサインは、ペット飲料、ボトル缶飲料、瓶詰飲料を製造するメーカーです。

2019年には、本社第二工場に60億円を投資し、新工場棟を建設されています。

>キンキサイン トピックス(弊社第二工場3号ラインについて)

平成30年度の売上高が251憶円、うち約9割がOEM製造をされています。大手メーカーのブランドを製造されている姫路の優良企業です。

工場見学

キンキサインの本社第二工場では、工場見学ができるようになりました。

◆ ペットボトル飲料工場を見学しよう キンキサインが受け入れ開始 (神戸新聞)2019年11月26日

http://bit.ly/2QQf715

2019年3月に稼働した新工場棟では、生産ラインをガラス越しに見学できるようになっており、地元の小学生などが見学に来られています。

よくテレビで紹介されている、ものすごいスピードで飲料が生産される光景が、実際に見られるんですね。これは見てみたいですね。

見学は無料だそうです。(要予約)

求人

また、新ライン増設にともない採用も増やしておられます。

>キンキサイン 採用ページ

清潔な環境で、福利厚生も充実されています。雇用も増やして地域経済に貢献されていますね。

さいごに

普段買って飲んでいるお茶飲料は、キンキサインの工場で生産されているものが、たくさんあります。

キンキサインでは、ゆず・すだちを使った自社商品も製造していますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

>楽天市場でキンキサインの商品を見てみる

>『清涼飲料水のHACCP: 衛生管理計画の作成と実践』を見てみる

■ あわせて読みたい関連記事

福伸電機(福崎町)がIT技術採用の給餌機を発売!儲かる養殖漁業への取り組みとは?

ショーワグローブ 姫路の手袋専業メーカー テムレスが登山やバイクで人気に

壷坂酒造が「雪彦山呼應」を出荷 姫路市夢前町で復活した100年前の日本酒




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます