姫路市の公式ホームページがリニューアル デザインや利便性はどう変わった?

スポンサーリンク

姫路市の公式ウェブサイトがリニューアルしています。

ウェブサイトがリニューアル

改善を行った内容

1、ウェブアクセシビリティへの対応
ウェブアクセシビリティの適合レベルJIS X 8341-3:2016の等級AAに準拠すること目指して改善を行いました。

2、デザインの刷新
国内外からの観光客を意識したページデザインに刷新しました。

3、利便性の向上
組織分類から情報分類に変更し、情報にたどり着きやすくしました。

情報源:市公式ウェブサイトをリニューアルしました(姫路市)

デザインが大幅にリニューアルされています。

全体的に、ビジュアルが良くなった半面、機能性が低下した印象があります。

全く新しいインターフェイスに変わったので、少し違和感を感じますが、そのへんは、使っていくうちに慣れていくのかなと思いました。

市公式インスタグラム「my_himeji」でリツイートされた画像が、TOPページで表示されるようになっているので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

姫路市公式ウェブサイト

使用感を追記

ウェブサイトがリニューアルされてから数日が経ったので、使用感などを記しておきます。

1、ページのアドレスが大幅に変更されている

アドレスが変更されているページが大量にありました。大幅なリニューアルにはありがちですが、今までアクセスできていたページがリンク切れになっていたり、検索サイトで表示されなかったりしています。

セキュリティの関係で、ある程度は仕方がないと思いましたが、自動で新しいアドレスにジャンプする機能を、すべてのページで付け加えてほしかったところです。

2、フォントが見づらくなった

採用された文字のフォントは明朝体に近いでしょうか。画面では文字が読みづらい感じがします。

民間のポータルサイトや大手企業のホームページで、このフォントを採用するところは少ないと思いますので、フォントを見慣れた感じに変えると、読みやすくなると思いました。

3、TOPページが使いにくい

ビジュアルにこだわりすぎている感じがありました。下方向に情報が広がっているので、スクロールして移動しないと、見たい情報にたどりつけません。

以前のように、TOPページを開いた状態で、情報をまとめてコンパクトに表示するほうが、使いやすいと思いました。

■まとめ

パッと見た感じは、ビジュアル的に良くなった感じがしましたが、何回か使っているうちに不便さを感じてしまいました。

様々な意見があると思いますが、姫路市民が使うにあたって、機能的で使いやすいサイトがベターなんだと思います。

改善点が徐々に修正されていくことを期待したいです。




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます