あなたもハンターになれる! 意外と敷居が低い狩猟免許




令和元年度、狩猟免許の試験受験と許更新案内

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)に基づき、狩猟免許試験並びに、狩猟免許の更新に係る講習及び適正検査を実施します。

情報源: 兵庫県/令和元年度狩猟免許試験受験・狩猟免許更新案内

兵庫県から狩猟免許についての案内がありました。

狩猟免許の取得者は1975年に51.8万人だったのが、2015年には19万人と、40年で約6割減少しています。

環境省ホームページより

近年では免許所持者の減少に底打ち感がでてきており、年齢別にみると、30代・40代の取得が若干増加しています。

芸能人やタレントの狩猟免許所持が、テレビで取り上げられる機会が増え、狩猟ブームの印象もあります。

銃の所持については、免許取得をクリアしたうえで、ルールを守った運用をすれば、意外にも敷居が低いものです。

クレー射撃や、山での狩猟など、趣味として楽しんでいる方も多いので、関心のあるかたはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

環境省HP ハンターになるには

http://bit.ly/2IMrKXN 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼