三菱ふそう姫路支店(兵庫県)がリニューアル!近畿エリアの重要拠点とは

三菱ふそう姫路支店

スポンサーリンク

三菱ふそうトラック・バスの姫路支店が大規模リニューアルし、12月3日(火)より営業を開始しました。

◆三菱ふそうトラック・バス、姫路支店を大幅リニューアルオープン(日経新聞)2019年12月4日

https://s.nikkei.com/2DLf1zU

三菱ふそうトラックバスとは

【会社概要】 ※三菱ふそうトラック・バスHPより

社名三菱ふそうトラック・バス株式会社
所在地神奈川県川崎市中原区大倉町10番地
設立2003年1月6日
事業内容トラック・バス、産業エンジンなどの開発、設計、製造、売買、輸出入、その他取引業
在籍人員約10,000人(2015年12月末現在)
主な株主ダイムラートラックAG社(89.29%) 
三菱グループ会社(10.71%)

三菱ふそうトラック・バスは、2003年に三菱自動車工業から独立。ドイツのダイムラーグループの傘下となり、主にアジアを中心として、三菱ブランドでトラック・バス事業を展開する企業です。

2019年には、本社を川崎製作所内に新築した新社屋に移転しています。

三菱ふそう姫路支店 (工場)


今回大幅リニューアルオープンした姫路支店は、姫路市および周辺5都市を統括しており、国内販売拠点第三位の保有台数を持つ、新車販売・サービス共に高いパフォーマンスを維持した拠点です。

姫路支店は、山陽自動車道の山陽姫路東ICより5km南の国道2号線に立地し、山陽エリアの交通網をカバーする県内最大規模の拠点になります。

住所:兵庫県姫路市花田町一本松字牛塚17
業務内容:三菱ふそう製トラック・バスの販売、並びに上記各種製品に伴う整備および部用品販売(等)

リニューアル「ミライ」プロジェクト

今回の改修工事は、「ミライ」プロジェクトと呼ばれるプロジェクトの一環になります。

プロジェクトは高品質なサービスを提供し、また従業員の働く環境を改善することを目的に、国内販売拠点の設備や、施設の改良を行うプロジェクトとして、2019年3月に発足しています。

2019年内に、苫小牧支店(北海道)、郡山支店(福島)、北板橋支店(東京)、星崎支店(愛知)、姫路支店(兵庫)、松山支店(愛媛)、久留米支店久留米鳥栖サービスセンター(佐賀)の大規模改装を行います。

三菱ふそうディーラーコンセプト

三菱ふそう姫路支店

今回の改修では、ふそうディーラーコンセプトに基づく外観に刷新しています。

事務所:作業動線や労働環境を意識して全面改修を実施。

待合室:男女別にゆとりあるお客様待合室からは、工場内が見渡せるなどの改修工事を実施。

整備工場設備:機器の更新だけでなく作業性に優れたフロアリフトを導入し、整備作業の効率性・安全性を向上。

トラックディーラーの今後


最近では、姫路市内で自動車ディーラーの移転・改装が進んでいます。

新しい店舗では、顧客が利用しやすいようになっているだけでなく、働く環境が大幅に改善されているように思います。

今回のリニューアルを参考に、他の自動車販売店でも、店舗への投資が進むことを期待したいですね。

近畿ふそう 姫路支店 公式サイト

>三菱ふそうの歴史がわかる本『三菱ふそうのすべて』を見てみる




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます