県立はりま姫路総合医療センターの駐車場は三井系が運営するみたい

スポンサーリンク

兵庫県が駅前に建設中の県立病院における、駐車場の運営会社を選定した。

◆JA三井リース建物・三井不動産リアルティJVを選定/県立はりま姫路総合医療Cの立体駐車場整備運営事業(建設ニュース)2019年3月28日

https://bit.ly/2YuRzjG

はりま姫路総合医療センターの駐車場

病院本体ではない駐車場などの整備・運営は民間の能力で補うようです。

民間運用であれば駐車場代金が割高になるように思うのですが、病院の利用者に対しては負担が少ないように、料金を設定してほしいところです。

関連記事:都市計画の関連記事まとめ 姫路の変化を追いかけてみた 【随時追加】

>駐車場管理の考え方『駐車場からのまちづくり: 都市再生のために

追記:審査結果について

はりま姫路総合医療センター(仮称)の立体駐車場の整備・運営事業者にかかる事業者選定委員会を開催した結果、優先交渉権者がJA三井リース建物(株)と三井不動産リアルティ(株)の共同企業体に選定されました。今後、優先交渉権者と事業実施契約の締結に向けた協議を開始します。

情報源:県立はりま姫路総合医療センター(仮称)立体駐車場等整備運営事業にかかる事業者選定プロポーザルの審査結果について(兵庫県)




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます