手柄山(姫路市)のJR新駅を地図で調べてみた!山陽本線【姫路-英賀保】に開業予定!?

手柄山中央公園再開発の全体図

スポンサーリンク

兵庫県姫路市で、JR西日本の新駅が計画されています。新駅は山陽本線の姫路駅と英賀保駅の間にある、手柄山周辺あたりに開業を予定しています。

具体的な新駅の計画は公開されていませんが、姫路市とJR西日本の新駅整備事業について、新駅周辺の地図やイメージ図などで、できるかぎり建設予定を調べてみました。

JR姫路の新駅予定地 周辺の整備計画

姫路市HPより

姫路市では、手柄山中央公園について、再整備の計画が進んでいます。

手柄山中央公園の園内施設の老朽化等の課題、JR姫路・英賀保間新駅の整備構想および文化センターの移転に対応するため、平成29年1月に「手柄山中央公園整備基本計画」を策定し、同計画に基づきながら、現在、手柄山中央公園の再整備に取り組んでいます。

姫路市HPより

計画は第1期と第2期に分かれており、新駅の整備は、第1期のなかで推進されています。第1期は令和7年度を目標に整備とされています。

姫路₋英賀保 新駅計画を地図で確認

JR新駅の設置予定位置の地図
© OpenStreetMap contributors

新駅の計画では、JR西日本と姫路市の間で、新駅の具体的な検討を進めていくことで、覚書が締結されています。(平成28年12月締結)

手柄山中央公園の整備計画では、公園北西部が新たなエントランス(出入口・玄関)として位置づけられており、公園計画と整合を図るかたちで、新駅整備が推進されています。

手柄山中央公園には、国際大会が開催できるレベルのスポーツ施設などができる予定で、新駅の設置により、公共交通を利用したアクセスの向上が期待されています。

参照:JR山陽本線姫路・英賀保間新駅整備事業(姫路市)

JR西日本の姫路新駅を描いたイメージ図

手柄山遊園地の入口前の道路

実際に新駅計画の場所を見てみると、線路の両側に平行する道路があり、新駅ができるようなスペースがないように思いました。

駅ができるイメージが描きにくかったので、姫路市のHPでイメージ図を探してみました。

JR姫路・英賀保間新駅整備構想エリア
姫路市HPより

手柄山中央公園整備基本計画(要約版)のイメージ図のなかに、陸橋の交差付近から線路沿いに、駅のプラットホームが描かれています。

JR姫路・英賀保間新駅整備構想のイメージ図
姫路市HPより

また、手柄山スポーツ施設整備基本計画(概要版)のイメージ図の中には、現在の手柄山遊園の入口あたりに、駅前広場とロータリーが描かれていました。

新駅のプラットホームと、道路を挟んだスポーツ施設のあいだには、連絡通路が整備されるイメージも描かれています。

姫路新駅 手柄山付近の図面

兵庫県HPの資料(PDF)より抜粋

【追記】兵庫県が都市計画案の縦覧にあたって、PDFで資料を公開していました。新駅が図面で確認できます。

新駅工事の事業スケジュール(予定)

手柄山スポーツ施設整備基本計画の事業スケジュールは、このような予定になっています。

2020年度 事業者募集資料の検討・作成
2021年度 事業者募集 選定・契約
2022年度 事業実施(設計・施工・開業準備)
2023年度 ↓
2024年度 ↓
2025年度 供用開始

新駅のスケジュールにおいても、2025年度を予定とした、スポーツ施設の供用開始に沿った計画になると思われます。

最近、姫路市に開業したJR東姫路駅の年表を見てみると、建設工事開始から3年ほどで、新駅が開業しているので、そのスケジュール感が参考になるかもしれません。

>JR東姫路駅 Wikipediaより

>『兵庫県の鉄道 (昭和~平成の全路線) 』を見てみる

姫路の新駅まとめ

いいねする女の子

手柄山中央公園の再整備計画と合わせて、新駅の開業が楽しみですね。

尚、姫路市のHPでは、新駅の整備について「具体的な内容は協議・検討中です」とあります。

今回、姫路市のHPから引用したイラストにおいても、イメージ図となっていますので、参考までにお考えください。

さて、駅の名前は何になるのでしょうか?

具体的な計画について発表されるのが楽しみですね。

姫路市 JR山陽本線姫路・英賀保間新駅整備事業

>極秘資料が証す『全国 新線・新駅交通地図』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます