姫路港 旅客船ターミナルのリニューアル計画を調べてみた!フェリー乗り場はどうなる?

姫路旅客船ターミナル

スポンサーリンク

姫路港の旅客船ターミナルについて、リニューアルの計画が進められています。

整備計画のなかには、フェリー乗場の移転・集約、旅客船ターミナルのリニューアル、にぎわいの施設などがあるようなので、兵庫県の港湾計画を調べてみました。

旅客船ターミナル周辺の港湾計画

姫路港の港湾計画改訂について、第5回兵庫県港湾審議会姫路港部会(令和元年6月5日)及び交通政策審議会第76回港湾分科会(令和元年7月2日)(国土交通省)にて審議され、その内容について了承されました。

情報源:姫路港港湾計画の改訂について(兵庫県)

姫路港の港湾管理は、兵庫県が担っています。

姫路港の整備方針を定める港湾計画は、兵庫県港湾審議会を経て、改訂することが了承されています。

今回は、そのなかで、飾磨の須加地区にある、貨物・旅客における取扱機能の再編について、調べてみました。

フェリー乗場(旅客)の機能を移設・集約

© OpenStreetMap contributors

旅客については、ポートセンタービルの老朽化や、旅客船ターミナルがクルーズ船の停泊場所と離れているなど、利便性・快適性の不足が指摘されています。

計画では、現在のポートセンタービルの機能が、旅客船ターミナルに移設・集約されることになっています。

小豆島行きのフェリーや、家島行きの定期船などは、旅客船ターミナルの前に整備される、新しい乗船場に集約されます。

貨物の取扱機能を再編・集約

© OpenStreetMap contributors

貨物の取扱機能は、現在、フェリーや定期船の乗船場になっている、ポートセンタービルの前に再編・集約されます。

貨物の移設にともなって、家島の定期船などで使用している、既存の桟橋は撤去されます。

また、現在クルーズ船が停泊する岸壁は、貨物用になっていますが、貨客併用の岸壁に用途が変更されます。

ポートセンタービルは撤去で貨物倉庫に

姫路港ポートセンタービル
姫路港ポートセンタービル

ポートセンタービルの機能が、旅客船ターミナルへ集約するのにともない、ポートセンタービルは撤去されます。

撤去後は、貨物倉庫を新設する計画になっています。

旅客船ターミナル南側に「にぎわい施設」新設

姫路港の駐車場
旅客船ターミナル南側の駐車場

旅客船ターミナルの南側にある、大きな駐車場には、にぎわいの施設が新設されます。

施設の計画については今後公募が予定されています。

このエリアは全体として、地域のブランド価値を向上させるような、美しく快適で安全な港湾空間の形成を目指します。

リニューアルはいつ?

姫路港がこれからも地域を牽引する港としての役割を果たしていくため、「物流・産業」「交流・生活」「自然・環境」「安全・安心」の4つの機能が融合した活気ある港の実現を目指し、令和10年代半ばを目標年次として以下の方針を定め、港湾計画を改訂する。

姫路港港湾計画書(PDF)p2より

整備計画の実施時期については、令和10年代半ばを目標とあります。

今から、10~15年ぐらいかけて、計画が進められていくようです。

旅客船ターミナルリニューアルまとめ

国土交通省資料(PDF)p14より

姫路港が活性化するのが、楽しみですね。

計画のなかでも、にぎわいの施設というのが気になるところです。どんな施設になるのでしょうか。

同じ瀬戸内に位置する広島県では、「和製高級客船」や、「水上飛行機」などの取り組みが、話題になったりしています。

姫路港においても、全国の成功事例を参考にしながら、地域が明るくなるような施設が、できるといいなと思います。

兵庫県 姫路港港湾計画の改訂について

※本記事は国土交通省「姫路港港湾計画改定(PDF)」、兵庫県「姫路港港湾計画書(PDF)」を参照して作成しました。

>『2025年 大阪・関西圏 未来予想図』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます