あなたも簡単にできる 姫路の商品を世界に売る方法




インターネットで海外へ販路を開拓する、経産省の取り組みが紹介されています。

◆日本商品、米中欧へ売り込み=経産省が越境EC支援本格化(時事ドットコム)2019年5月12日

http://bit.ly/2Q3Rz6x

経産省の取り組みは、日本貿易振興機構(ジェトロ)が運営する「ジャパン・モール」事業として実施されています。

ジェトロのプロジェクトでは、中国EC最大手のアリババグループや、米国の楽天USAなど、世界18か国のECサイトと提携しています。

企業情報、商品情報を一度登録するだけで、世界のEC事業者の案件に応募することができます。費用は無料です。

TPP11や日EU・EPA発効で、食品、化粧品、日用雑貨などを輸出する機会が拡大していますので、自社商品の販路拡大を検討されている方は、登録してみてはいかがでしょうか。

ジェトロ 海外におけるEC販売プロジェクト(ジャパン・モール事業)

http://bit.ly/2JkyJr8

姫路市の補助金も活用

姫路市においても販路を拡大するための、展示会への出展費用を補助する仕組みがあります。

ものづくり販路拡大支援事業補助金(平成31年度)

姫路市では、市内中小企業者の優れた製品・技術等の市場開拓を支援するため、国内の全国規模の見本市等に出展する場合又は海外の見本市等に出展する場合に補助金を交付し、企業の経営安定と健全な発展を図り、市内のがんばるものづくり企業を支援しています。

情報源 : ものづくり販路拡大支援事業補助金

海外への出展も補助対象になっていますので、ご覧になってはいかがでしょうか。

新興国への展開はこちら

新興国での新規事業開拓では、このような展開支援補助金制度もあります。

飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金

「飛びだせJapan!」ではインド・アフリカ等の新興国の社会課題解決につながる製品・サービスの開発や、現地事業創出支援等を現地の企業や研究機関等と共同で行う場合、必要な経費を一部補助し、事業化を後押しします。

補助金額:1社あたり最大3,000万円を目安とします。
補助率:補助対象経費の2/3です。

情報源 : 第五回 「飛びだせJapan!」

昨年度は、たつのの企業も利用されています。

新興国市場に興味のある方は、応募してみてはいかがでしょうか。

>海外ビジネスの参考書『海外Webマーケティングの教科書

追記

姫路市において、海外事業の相談窓口が設置されています。窓口は定期的に開設されています。事前予約、申込制となっていますので、日程をご確認ください。

海外展開相談事業の実施について

姫路市では、「海外展開相談窓口」と「海外展開訪問相談」の2種類の「海外展開相談事業」を実施しています。

海外展開相談事業は、海外でのビジネスを進めるうえで直面する課題や疑問にお答えする、海外ビジネスに関するよろず相談所です。

これから輸出入を始める方、海外での販路拡大をお考えの方などを対象に、豊富な経験と知識を持ったジェトロ((独)日本貿易振興機構)の専門アドバイザーが皆さんの相談に応じます。

海外展開に関することなら、何でもご相談ください!!

情報源:海外展開相談事業の実施について

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼