あなたのレジ対応してる? 導入するなら、今でしょ! 軽減税率対応レジ




2019年10月から、消費税が8%から10%に引き上げられます。同時に、税率アップにともない、「軽減税率制度」がスタートします。

「軽減税率制度」とは、特定の商品について、消費税率を低く設定する制度です。小売・サービス店では、軽減税率対応のレジを導入する必要があります。

消費税の軽減税率制度について(国税庁)

軽減税率対策補助金ってなに?

レジを導入するにあたり、中小企業・小規模事業者では、対応レジの導入費用について、補助金制度が設けられています。

原則として、レジ導入費用の4分の3レジ1台あたり20万円までが補助されます。

※ 完了期限9月30日まで。1事業者あたり200万円まで。

※ 軽減税率対策補助金事務局HPより

どんな機器が対象なの?

対象となる機器には、以下の3つの申請類型があります。

A型 レジ

1、レジ・導入型

2、レジ・改修型

3、モバイルPOSレジシステム

4、POSレジシステム

5、券売機

6、商品マスタの設定

B型 受発注システム

1、受発注システム・指定業者改修型

2、受発注システム・自己導入型

C型 請求書管理システム

1、指定業者改修・導入型

2、ソフトウェア自己導入型

3、事務機器改修・導入型

類型によって申請受付期限が違う場合があります。詳細は各リンクを参照してください。

>軽減税率対策補助金 初めての方の交付申請書早わかりガイド

どうやって申請するの?

補助金を申請するには、個人で申請する場合と、購入した販売店が代理・共同で申請する場合の2パターンがあります。

販売店からの申請については、各類型について申請できる協力店が決められていて、検索できるようになっています。

ちなみに、兵庫県姫路市で検索すると、類型ごとに申請できる販売店が、20社ほど出てきます。類型によっては、取り扱いがない販売店もあるようです。

姫路市において、すべての類型で検索して該当したのは、「株式会社ビジネスサービス本社」だけでした(※2019年7月8日現在)。総合的に事務機器を取り扱われているようです。

代理申請協力店検索

まとめ

いよいよ消費税率の引き上げが迫ってきましたね。事業者にとっては、事務機器やシステムの対応が必須になってきます。

税率が引き上げられる直前には、駆け込み対応で、混雑が予想されるので、余裕をもって機器の変更をしたいところです。

軽減税率の対応について、詳細な説明を聞きたい方は、姫路商工会議所で無料のセミナーを行っています。

【2019年度消費税軽減税率対策窓口相談等事業】

飲食店課題解決セミナー

消費税軽減税率制度説明会

消費税軽減税率導入に備えたPOSレジセミナー

POSレジなどは、販売データの使い方しだいで、売り上げアップにもつながります。これを機に、補助金を利用して、新しい機器を導入してみてはいかがでしょうか。

>『売上がUPするPOSデータの使い方』をAmazonで見てみる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼