姫路周辺の道路はどうなっているのか 2050年の道路のあり方

スポンサーリンク

兵庫県が今後の基幹道路ネットワークについて、検討会を設置し、道路のあり方をまとめました。

基幹道路のあり方

兵庫県では2050年(概ね30年後)の基幹道路ネットワークの目指すべき姿と基幹道路の有効活用や機能強化などの留意事項を「ひょうご基幹道路のあり方」としてとりまとめました。

情報源: 兵庫県/「ひょうご基幹道路のあり方」について

その中で、姫路周辺の道路において気になるのは「中国横断自動車道」「神戸西バイパス」~2028年、「播磨臨海地域道路」というところでしょうか。

課題としては、姫路ー加古川バイパスの渋滞を、早いところ解消してほしいところです。

高速道路の建設は、道路の利便性だけではなく、地方の経済政策としてとらえ、早期に予算を増やしてほしいですね。

道路計画に関連する記事一覧

【一般道】姫路市が道路整備計画を更新 あの道路いつできるの?

【高速道路】兵庫県の高速道路整備計画 姫路周辺は30年後どうなっているのか

【播磨臨海道路】播磨臨海地域道路 ルート決定までのトピックを記録【随時更新】

【自転車レーン】姫路市の自転車レーン 整備計画を策定




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます