ユーチューバーになる方法  高齢者がカルチャーセンターで学ぶ

スポンサーリンク

長野県のパソコン&カルチャー教室が紹介されています。

◆70代ユーチューバーが長野で増加中!? シニアむけ生涯学習教室に通う高齢クリエーターたちのICT教材スキルが上昇中(tokyo chips)2019年4月5日

http://bit.ly/2PLIsXM

高齢者がユーチューバーになる方法

紹介された学習塾では、子供たちが通うまでの、昼間の時間帯にカルチャーセンターとして、40代~80代の方を対象にパソコンの使い方を教えています。

ICT教材を活用したクリエイティブワークに挑戦するもので、静止画や動画をインターネットに公開するまでに、上達する生徒さんもいるそうです。

なかには、ムービー制作に夢中になり、60代からユーチューバーを目指す人など、いくつか事例が紹介されています。

パソコン教室のオーナーは「子どもからシニアまで、年令や性別に関係なく、生涯学習という時間を共有している」と話されています。

海外ではトップユーチューバーも誕生

スペインでは世界的なシニアユーチューバーが登場しています。

>>>  Nilson Izaias Papinho Oficial

なんと、登録者数が500万人、再生回数は1500万回に迫っています。

特に派手な映像を提供しているわけではなく、カメラに向かって話しかけたり、ただ単に、机の前でスライムを作っているだけなのですが。。

癒し系シニアユーチューバーとして、世界中に拡散しているようです。

カルチャーセンターで取り入れてみれば

シニアのカルチャーセンターといえば、書道や歴史などが思い浮かびますが、ユーチューバーというのは、新しい視点だと思います。

姫路の学習塾や、カルチャーセンターにおいても、取り入れてみてはどうでしょうか。

シニアの方々は知識や経験が豊富で、発信する内容はたくさんあるので、ICTスキルを学べば、ユーチューバーに向いているのかもしれません。

姫路から世界的なシニアユーチューバーが誕生するのが楽しみです。

カルチャーレストラン

https://www.cosmotopia.co.jp/culture/

>とりあえず本で調べてみる『今すぐ使えるかんたん YouTube入門

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!




おすすめ関連記事 & スポンサーリンク


▼記事を今すぐSNSでシェアする▼