サンセバスチャンに学ぶ地域活性化 人口18万人の町がなぜ美食世界一になれたのか

スポンサーリンク

今回紹介する本は、ヨーロッパの小都市、スペインのサン・セバスチャンが、世界一の美食の街になるまでの軌跡と、そこから日本が学ぶべき点について書かれた本である。

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか― スペイン サン・セバスチャンの奇跡

著者は高城剛

著者は沢尻エリカと話題にもなった、ハイパーメディアクリエーターの高城剛氏。世界中を移動している高城氏の著書は、常に時代の一歩先を捉えており、数年先のブームを予兆していることも多くある。

本書は2012年7月に初版が発行されているが、発行から7年ほどが経った現在において、見事に日本の美食ブームを予見していたのではないだろうか。

サン・セバスチャンは美食の街

サン・セバスチャンが美食の街に至るまでには、街の料理人たちがレシピを共有したり、科学的においしさを追求する手法を取り入れたり、美食倶楽部を運営したりと試行錯誤されている。

このような取り組みの中には、日本の地方都市において、街づくりの参考になる事例が、あるのではないだろうか。

新鮮な食材が豊富で人口53万の姫路においても、そのような事例は十分参考になるものである。

関連記事:姫路城の歴史が好きな人へ 絶対にオススメしたい本6選




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます