食で観光振興の事例【本 紹介】サンセバスチャン(スペイン)に学ぶ美食の街の作り方

スペイン名物パエリア

スポンサーリンク

美食の街で世界的に有名な、スペインのサンセバスチャンを紹介します。

サンセバスチャンは、美食の街として、食で観光を振興する、フードツーリズムに成功しています。

サンセバスチャンが、なぜ美食の街になったのか、実際に行ってみた感想も交えながら、参考になった本を紹介してみます。

サンセバスチャンは観光と美食の街


サンセバスチャンは、スペインのバスク地方にある、人口約18万人の都市です。

海に面しており、景色が美しく、海岸の遊歩道に囲まれたビーチは、人気のリゾート地になっています。

バスク料理と美食の街として知られており、ミシュランガイドで高評価のレストランがあるだけでなく、街のバルで提供される郷土料理も評判になっています。

サンセバスチャン(スペイン)の場所


サンセバスチャンは、スペイン北東部にあり、フランスとの国境近くで、国境からは約20㎞の距離にあります。

サンセバスチャンに実際に行ってみた

写真は2006年に実際に行った時の風景です。

ヨーロッパで出会った人に、旅行するのにどこの街が良いか聞いたところ、サンセバスチャンの人気が高かったので、行ってみました。

当時は、食というよりも、街が美しいという口コミをよく聞いたように思います。

まるく湾になった海を囲むように、遊歩道が整備されていて、大きな砂浜が広がっています。

地理的には小高い山に街が囲まれていて、山と海のコントラストが美しかったです。

瀬戸内の入り江のように、日本にもこのような地形は多いと思います。

夜の旧市街の光景です。日本に比べて外灯が暗く、オレンジ色に統一されているのが、なんとなく幻想的でした。

旧市街は石畳みと古い建物がそのまま残っており、教会もライトアップされていたので、古い町並みがとても美しかったです。

海沿いには、クルーサル国際会議場がありました。

新しい公共施設が、こんなに美しい現代建築で出来ているところに、深く関心したのを覚えています。

旧市街の建築も美しかったですが、この会議場を見るだけで、街全体が芸術につつまれているような感覚になりました。

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか


スペインのサン・セバスチャンについて知るには、『人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか』がとても参考になります。

この本は、ヨーロッパの小都市が、世界一の美食の街になるまでの軌跡と、そこから日本が学ぶべき点について書かれた本です。

高城剛が著者

著者は女優沢尻エリカと話題にもなった、ハイパーメディアクリエーターの高城剛氏。

世界中を移動している高城氏の著書は、常に時代の一歩先を捉えており、数年先のブームを予兆していることも多くあります。

本書は2012年7月に初版が発行されていますが、発行から数年が経った現在では、見事に日本の美食ブームを予見していた部分があります。

フードツーリズムの良い事例


サンセバスチャンが美食の街に至るまでには、街の料理人たちがレシピを共有したり、科学的においしさを追求する手法を取り入れたり、美食倶楽部を運営したりと試行錯誤されています。

このような取り組みの中には、日本の地方都市において、街づくりの参考になる事例が、あるのではないでしょうか。

美食の街で日本の地域振興

日本には、古い歴史や豊富な食材など、美食の街になる条件がそろった地域が、たくさんあると思います。

例えば、兵庫県姫路市を中心とした播磨地域などでも、海と山が近く、農地にも恵まれているので、新鮮な食材が一年中そろっています。

サンセバスチャンの事例は、食で観光振興を考えるにあたって、参考になると思います。

>『地球の歩き方 スペイン』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます