お城に宿泊できる! ? 大洲城・平戸城での取り組み 殿様気分で観光

スポンサーリンク

イメージ

国内で、お城を宿泊施設に活用する取り組みが紹介されています。

お城に宿泊

愛媛県大洲城

◆お城に宿泊、殿様気分 愛媛・大洲城や長崎・平戸城 (日経新聞)2019年7月11日

https://s.nikkei.com/2Lg7Rtl

愛媛県の大洲城では、2020年4月にも1泊100万円の宿泊サービスが開始されるそうです。

長崎県平戸城

◆平戸城を「泊まれるお城」に 東京五輪に向けて計画(朝日新聞デジタル)2019年6月6日

http://bit.ly/2XGCudj

また、長崎県の平戸城においても、部分的に宿泊施設への改装計画が進んでおり、2020年夏ごろに受け入れが開始される予定です。

観光庁も支援

このような「城泊」への取り組みは、観光庁においても、新たな観光資源として支援しています。

海外ではお城に宿泊できる例があると聞きますが、日本のお城でも宿泊できるとなると、注目されること間違いないですね。

さすがに、姫路城で宿泊できるようになるとは思いませんが、もし可能であれば、宿泊してみたいですね。

また、お城に宿泊したような体験ができる、高級ホテルがあれば、姫路に宿泊する観光客も増えるんだと思います。

関連記事:姫路城の入場者数を増やす方法(1) 知られざる国内市場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!




おすすめ関連記事 & スポンサーリンク


▼記事を今すぐSNSでシェアする▼