交通事故の発生状況は? 姫路の統計を調べてみた

スポンサーリンク

最近、交通事故の報道をよく見かけるようになりました。

姫路市内の事故については、どのような状況なのでしょうか、調べてみました。

姫路市内の交通事故統計


平成29 兵庫県警察本部 交通年鑑より作成

姫路市内では、姫路署、飾磨署、網干署において、別々に死亡事故の発生状況が出ていました。交通事故による死者数を合計してみると、平成8年には40人だったのが、平成19年には21人、平成29年には14人と、最近の20年では減少傾向にあります。

兵庫県下の交通事故発生状況


平成29 兵庫県警察本部 交通年鑑より作成

交通事故の全体的な状況については、兵庫県全体の件数で調べてみると、平成29年では発生件数が約16万7千件、そのうち、人身事故が約2万7千件、物損事故が14万件あります。

直近の10年を見てみると、事故全体の件数は、ほぼ横ばい状態ですが、グラフ青色に示した、人身事故の件数が大幅に減少しています。

平成19年に38,551件だったのが、平成29年には26,791件となっており、10年で3割減少しています。

兵庫県下の交通事故死者数推移


平成29 兵庫県警察本部 交通年鑑より作成

交通事故での死者数に関しても、平成8年の497人から、平成29年では161人と、人身事故が減少するにつれ、年々減少する傾向にあります。傷者についても同様に減少しています。

さいごに

最近では、交通事故の報道が相次いでいます。個別の交通事故が、映像とともに何度も報道されると、事故が増えているような印象を受けます。

しかし、実際の事故発生状況の内訳を見てみると、長期的には人身事故と死亡者数は年々減少しています。

これは、車の安全性能が向上したり、利用者の年齢が変化したりと、さまざまな原因が考えられます。

最新の自動車は安全技術が向上していますので、大きな事故から身を守るには、なにより、安全な車に乗って、安全な運転を心掛けるのが大事だと思います。

兵庫県警察 交通事故統計

http://bit.ly/2WJUzHE

> 安全運転管理者におすすめの本『交通事故を7割減らすたった2つの習慣




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます