五輪までに自動運転実現 ロボットベンチャーを起業 姫路出身の谷口恒さん




自動走行タクシーのイメージ :内閣府HPより

姫路出身の起業家が活躍されています。

◆「五輪までに自動運転実現」 ZMP社長を突き動かす総理との約束(自動運転LAB)2019年8月22日

http://bit.ly/2KVRdxG

ロボットベンチャーの株式会社ZMPを起業されたのは、姫路出身の谷口恒(たにぐちひさし)さん。同社の代表取締役社長を務められています。

谷口さんは姫路東校を卒業後、群馬大学工学部を経て、大手メーカーで開発エンジニアを務められました。

2001年にゼットエムピー(現ZMP)を創業。様々なロボット開発を手掛け、現在では、総合ロボット会社として事業を拡大されています。

ZMPでは、タクシーの無人走行、宅配ロボット、物流支援ロボットなど、ロボット技術を展開し、自動運転分野へ進出しており、谷口さんは業界のトップランナーの一人として大活躍されています。

谷口さんが起業したZMPが、世界的なロボット企業になる日は、遠くないと思います。将来、姫路に生産拠点ができるといいですね。

株式会社ZMP 公式HP

Facebook 谷口 恒

>『EVと自動運転‐クルマをどう変えるか』をAmazonで見る

関連記事:ロードバイクに革命! ママチャリ型で乗りやすく 姫路のEVベンチャー企業が開発

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼