姫路城観光案内【営業時間・料金・場所】周辺おすすめ食べ歩きグルメも

姫路城観光案内

スポンサーリンク

観光旅行に人気の姫路城について、営業時間や料金(入場料)、場所とアクセス方法を案内します。

周辺でおすすめの食べ歩きグルメのほか、姫路城の観光が、よりいっそう楽しくなる観光ガイドなど、あわせて紹介します。

営業時間・料金(入場料)

開館時間・入場時間・開場時間~何時まで

姫路城の営業時間は、通常期で9:00~17:00です。16:00まで入城できます。

5月~8月のハイシーズンは、9:00~18:00で、1時間長くなり、17:00まで入城できます。

料金 (入場料)

姫路城の有料エリアに入る、チケットの料金は、大人1000円小人300円です。

その他には、姫路城に隣接する日本庭園「好古園」とのセット券や、団体割引券があります。

バスを利用する方は、バスとセットになったお得な切符が、神姫バス姫路駅前案内所で販売されています。

観光ガイドの利用方法

オーディオガイド

姫路城は、建物を見て回るだけでなく、案内されながら観光すると、何倍も楽しむことができます。

入城口では、音声ガイドの専用機器を貸し出しているので、利用するのがおすすめです。

音声ガイドでは、姫路城にゆかりの松平健さんと、講談師の旭堂鱗林さんが、案内人としてナビゲーションしてくれます。

姫路城プレミアムオーディオガイド

貸出時間:開城時間~閉門の1時間前まで
貸出場所:管理事務所東側 資料室
レンタル料金:600円(税込)城内20カ所、約30分のオーディオガイド

豊富な観光情報

また姫路城には、一緒に連れ立って案内してくれる、観光ガイドサービスがあります。

姫路城入城口の横に、受付があるので、ガイド付きで姫路城を観覧するには、こちらもおすすめです。

姫路城シルバー観光ガイド

受付:チケット売場の横
料金:ガイド1名につき 2,000円

プレミアムオーディオガイドや、シルバー観光ガイドを活用すると、歴史の意味合いを発見しながら、姫路城を楽しむことができます。

姫路城 (himeji castle japan)

観光する所要時間の目安

姫路城を観光する所要時間は、スムーズに見て回ると、トータルで1時間半~2時間程度が目安になっています。

ハイシーズンや、特別展示がある場合は、入城に待ち時間が発生することがあるので、観光時間に余裕をもって計画するのがおすすめです。

姫路城の場所とアクセス

姫路城は、兵庫県姫路市にある、世界遺産のお城です。

姫路市は何県?わかりやすく解説

姫路市の中心には「JR姫路駅」と、阪神電車につながる「山陽電車姫路駅」があり、姫路城の最寄り駅となります。

JR姫路駅は、在来線3路線と新幹線が乗り入れるターミナル駅で「のぞみ」が停車します

航空機


姫路城は、市街地の北に位置する、小高い山の上に、そびえ立っており、姫路駅から見える距離にあります。

こちらが、JR姫路駅の展望デッキから、姫路城の方向を見た景色です。

手前にある広場から、目抜き通りとなる「大手前通り」が、まっすぐに続いていて、姫路城が眺められます。

お城までの間には、碁盤の目のように、市街地が広がっているので、姫路ならではの老舗や、食事処が楽しめます。

>姫路駅から行く 徒歩・バス・タクシーまとめ

姫路駅北口の広場

姫路城の周囲は、ぐるりと堀に囲まれていて、堀の内側に入っていける箇所が、門・門跡の3カ所あります。

通常、観光客がよく出入りするのが、南側にある大手門です。

東側と北側にはそれぞれ、喜斎門跡北勢隠門跡がありますが、現在は門がないので、基礎だけが残る門跡になっています。

中央に赤色で示したのが、姫路城の有料エリアに入る「入城口」で、3つの門・門跡から、それぞれ歩いていきます。

入口はどこにある?入城口への行き方

姫路城の周辺には、姫路市の公営パーキングが、いくつかあります。

堀の内側に入っていく、3つの門・門跡の近くには、それぞれ車を置く場所があるので、行き先によって使い分けるのが便利です。

>車で行く周辺の駐車場

姫路城の駐車場

姫路城の住所
姫路城の住所は「姫路市本町68番地」ですが、範囲が広いので、複数の施設が同じ番地で表記されます。単独の番地としては、皇居に次いで日本で2番目に広い番地です。

周辺おすすめ食べ歩きグルメ


姫路は海あり山ありで、姫路城以外にも、観光スポットがたくさんあります。

また、ナイトタイムの歓楽街には、姫路ならではのグルメや、楽しい飲み屋さんが、盛りだくさんです。

姫路城の観光と、周辺の街歩きをあわせて、宿泊プランを立ててみては、いかがでしょうか。

姫路城
姫路観光
下のボタンでシェアできます