神姫バスの自動運転を試乗してきた!三田市の公道実証実験で次世代モビリティを体験

スポンサーリンク

兵庫県三田市で、神姫バスが運行する、自動運転バスの実証実験が行われていたので、試乗してきました。

三田ウッディタウンの公道で行われた、国交省と経産省が委託する実証実験について、自動運転の車両や、車内の様子などを紹介します。

神姫バスが運行する自動運転とは

神姫バス自動運転の実証実験

神姫バスの自動運転は、国交省・経産省の委託により、神姫バスが運行事業者として実施した、中型自動運転バスの実証実験です。

国交省・経産省が、全国から実証実験を実施する、バス運行事業者について公募し、審査を経たうえで、5つのバス運行事業者が選定されています。

自動運転のベース車両 いすゞのエルガミオ
実験車両の概要 国土交通省資料(PDF)より

実証実験のベース車両には、いすゞ自動車のエルガミオを使用。

磁気センサーや、ミリ波レーダーなど、自動運転に必要な、様々なセンサーが取り付けられています。

>国土交通省 中型自動運転バスの実証評価の概要(PDF)

三田ウッディタウンの公道で実証実験

神戸電鉄 ウッディタウン中央駅

神姫バスが運行する実証実験は、兵庫県三田市で実施されています。

実証テーマは、郊外住宅地の交通確保になります。

自動運転の運行経路

自動運転バスは、ウッディタウン中央駅を起点として、約6㎞の区間を循環するルートで運行しています。

実施期間:2020年7月20日~8月23日まで

自動運転に試乗してみた

三田ウッディタウンのバスターミナル

実際に三田市に行って、ウッディタウン中央駅のバスターミナルから、神姫バスの自動運転に試乗してきました。

バス乗り場では、関係者らしき方々が待機されていました。

神姫バス自動運転の車両

こちらが自動運転バスの車両です。実証実験中であることが、電光表示にも表示されていました。

車両を外から見てみると、いくつものセンサーが取り付けられています。

神姫バス自動運転の車両

後方にもセンサーが取り付けられていました。

今回の実証実験では、ハンドル、アクセル、ブレーキといった操作を、自動でコントロールするバス車両が使われていて、全ての区間で、自動で運行します。

神姫バス自動運転の車両

実施にあたっては、乗車定員の削減や蜜の回避、乗車前の消毒など、十分な新型コロナ対策が行われていました。

自動運転バスのモニター

車内には、車両をモニタリングするモニターが、いくつか設置されていました。

モニターには、運行ルートの立体マップなどが表示されており、運行中にマップに沿って車両が進んで行く様子が、リアルタイムで見られます。

また、運行速度、障害物の検知、運転手さんの手元の映像なども、表示されていました。

自動運転バスの運転席

こちらが運転席です。運転席にも同様のモニターが設置されています。

自動運転バスの実証実験

こちらが、運行中の様子です。

今回の実証実験では、全区間が自動で運行されますが、安全のため運転手さんと車掌さんが乗車しています。

必要に応じて手動で障害物を回避したり、停車ができる環境のもとで、実施されていました。

三田ウッディタウン 神姫バスのバスターミナル

ウッディタウン中央駅を出発してから約30分で、循環ルートを一周し、もとの位置に到着しました。

運行はとてもスムーズで、普段に乗る神姫バスの乗り心地と、なんら違和感はありませんでした。

神姫バスの自動運転まとめ

神姫バス自動運転の車両

今回の実証実験は、0~5まである自動運転のレベルのうち、レベル2の段階だそうです。

三田ウッディタウンは、車道や歩道が広く、道路がきれいに整備されていましたが、神戸や姫路の市街地で、自動運転バスが走るのは、まだまだ先の話だなと感じました。

近い将来に、神姫バスの自動運転バスが、街中に走っているのを、楽しみにしたいと思います。

三田市 中型自動運転バス実証試験について

>『トコトンやさしい自動運転の本』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます