姫路のアニメショップ・お店を調べてみた!グッズ買取はどこがいい?求人は?

スポンサーリンク

兵庫県姫路市にある、アニメ関連のショップ・お店を調べてみました。

姫路には、アニメイトを中心に大手チェーンが2店舗あるので、アニメイトの場所やアクセスなどを紹介します。

また、アニメのグッズ買取店、アニメ関連の求人・バイト情報なども、あわせてまとめました。

アニメイト 姫路店

アニメ関係の小売りチェーンで有名な、アニメイトの店舗が、姫路にあります。

【アニメイト 会社概要】

会社名株式会社アニメイト
本社東京都板橋区弥生町77-3
設立昭和62年7月
年商600億円
店舗数国内147店舗、海外7店舗
従業員363名

姫路には1店舗しかなく、あまり大きな感じではなかったので、本体企業の大きさに少々驚きました。

アニメイトでは、アニメ関連キャラクター商品、書籍、雑誌、DVD、CD、ゲーム等の販売をしています。

オンラインショップも運営しているので、店舗に行きづらいという方は、オンラインショップが便利です。

アニメイト姫路店 公式サイト

アニメイトオンラインショップを見てみる

らしんばん 姫路店

アニメ系チェーンの「らしんばん」の店舗が、姫路にあります。

らしんばんの店舗は、アニメイトなど他チェーンの近隣にあることが多く、姫路では、アニメイトと同じビルに入っています。

【らしんばん 会社概要】

会社名株式会社らしんばん
本社東京都豊島区東池袋1-44-3
設立2001年10月
店舗数全国53店舗・海外4店舗
従業員800名(アルバイトスタッフ含む)

らしんばんでは、コミック、アニメBlu-ray・DVD・CD、グッズ、同人誌、テレカ、ゲームソフト、コスプレ衣装等を販売しています。

らしんばん姫店 公式サイト

場所とアクセス

住所:姫路市東駅前町54 ハリマセンタービル

アニメイトと、らしんばんは、同じビルに入っていて、JR姫路駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

JR姫路駅中央口から、駅北(姫路城側)の芝生広場を抜けて、歩いて行くとすぐにあります。

遊楽舎 花田店

遊楽舎は、アニメショップというより、カードショップなのですが、姫路を拠点に、全国的に有名なので、紹介します。

東京秋葉原に、ヒカル店をオープンして、話題になっています。

遊楽舎の店長さん 姫路花田店から配信するYouTubeの魅力とは?ヒカル店で話題!

アニメのグッズ買取

アニメグッズを取り扱う、買取ショップをまとめてみました。

買取アローズ

ネット買取で全国的に有名なアローズが、加古川に本店があるので紹介します。

アローズ買取は、専門スタッフの厳密な査定と、業界最高クラスの高価買取で、定評があります。

店舗を持たずに、店舗コストを買取査定額に上乗せするという、仕組みになっています。

買取アローズ 公式サイト
\買取30%UPキャンペーン中/

お宝市番館


お宝市番館は、播磨地域を中心に展開する、エンターテイメント・リユースショップです。

姫路市には、飾磨店と姫路東店の2店舗があります。

お宝市番館 公式サイト 飾磨店 姫路東店

ココイーネ


ココイーネは、姫路市広畑にある買取ショップです。フィギアなどを取り扱っています。

ココイーネ 公式サイト

アニメの求人・バイトも

姫路ではアニメ関係の店舗が限られており、求人も多くないので、タイミングよく求人情報を得ることが大事です。

エンタメ関連の販売店で、アニメ好きが集まるような求人が、掲載されることがあるので、定期的なチェックがおすすめです。

>姫路のアニメ系 求人・バイト

姫路をアニメ・サブカルで活性化

最近では、アニメなどのサブカルチャー市場というのが、一つの産業として定着しています。

そこで、姫路においても、サブカル系の店舗を1カ所に集めて、リトル秋葉原のような場所を開発したら、おもしろいなと思います。

例えば、アニメイトを中心に、TVゲーム系、PC系、コスプレ系、フィギア・模型系、ゲーム系、トレカ系など、サブカルに関する店舗を集めます。

神戸三宮にはそういったサブカル街があります。

神戸のオタク街 三宮 センタープラザ・さんプラザ界隈

アニメ系は外国人観光客にも人気がありますし、人が集まれば、駅前商店街の活性化にもつながります。

周辺の播磨地方を含めると人口は100万人ですので、姫路においてサブカルの潜在市場は、意外に大きいと思います。

姫路でアニメ・サブカルのイベントも

近年では、姫路城近くの大手前公園で、サブカルのイベントが開催されます。

グルメ博覧会などとあわせて、活況のイベントになっています。

アニメやサブカル好きの人たちが、駅前に集まる場所ができて、駅前が活性化するといいなと思います。

>『オタク経済圏創世記』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます