姫路城の構造・特徴を簡単に解説!【魅力がわかる】高さ何mで内部は何階建てなのか

姫路城 (himeji castle japan)

スポンサーリンク

世界遺産で国宝の姫路城について、魅力や見どころなど、おすすめポイントを、簡単にわかりやすくまとめました。

姫路城は、400年以上も前の木造建築で、美しい理由となる特徴があり、からくり仕掛けなど、見るべきポイントがたくさんあります。

姫路城の中は何階建てで、内部はどんな構造なのか、すごいところはどこなのか、高さや大きさがわかる概要とあわせて、別名「白鷺城」の楽しみ方を説明します。

姫路城の構造・特徴とその魅力

姫路城の構造・特徴

姫路城は、姫路市街の北に位置する姫山と、その周辺の平地を利用して築かれた、平山城です。

小高い山の上に、白壁の壮大な天守が、そびえ立っており、別名「白鷺城」とも呼ばれます。

1601年から8年の建築期間を経て、天守が完成しており、築年数は400年を超えます。

平山城とは
お城の分類のひとつで、平野にある小高い山や丘などを利用して、築かれた城のこと。分類はその他に、山の上に築かれた山城、平地に築かれた平城などがある。

2021年7月時点で、日本国内で25件の登録がある、ユネスコ世界遺産のひとつで、法隆寺とともに最初に登録された文化遺産となります。

姫路城の指定・登録
・1931(昭和6)年 天守が国宝に指定
・1951(昭和26)年 新国宝に指定
・1993(平成5)年 世界文化遺産に登録

姫路城の基本情報

所在地兵庫県姫路市本町68番地
階層5層6階、地下1階
大天守延床 2,409m2
内曲輪敷地 230,000m2
築年数約400年
姫路城大天守 保存修理工事 (鹿島建設HP)より抜粋

姫路城は何階建て高さ何mなのか

姫路城が立っている、姫山は高さ45.6mあり、その上に天守台が築かれ、天守の建物が立っています。

大天守の高さ

海抜 91.9m
‐大天守高さ31.5m
‐‐天守台高さ14.8m
‐‐‐姫山の高さ45.6m
(※パンフレットより)

姫路城の内部構造

姫路城大天守の構造は、5層6階、地下1階となっています。

外から見ると、屋根の数から5階建てに見えますが、城郭建築では階段の構造を「階」で表しますので、6階建てとなります。

石垣の内側は、地下の階層となっており、建物とあわせて、地上6階・地下1階の、7階構成になっています。

姫路城を支える柱の構造

姫路城大天守は、東西2本の大きな柱で支える内部構造となっており、柱は地階から5階の梁(はり)まで通っています。

東西に並んでいる、大きな柱の長さは、24.6mにもなります。(※パンフレットより)

姫路城の建築技術

姫路城をつくる際には、大量の石が集められて、基礎となる土台が築かれています。

お城の石垣は、築かれた年代によって技術が異なり、姫路城では、秀吉時代に築かれた部分も見ることができます。

周辺の山々から採石された石もあるといわれ、重い石をどこで採石して、どのように運んだのかと考えると、お城の魅力が広がります。

姫路城の特徴・すごいところ7選

すごいところ

姫路城が、日本一の名城と言われるのには、およそ3つのポイントがあります。

3つのポイント
  • 建物の構造がよく整っており、形容が秀でて美しい。
  • 縄張り(建物の配置)が複雑で、巧妙に設計されている。
  • 建築されたものが、比較的よく現存している。

※参考:橋本政次(平成5). 姫路城の話

日本にある城の天守のなかで、江戸時代または、それ以前に建てられて、現存しているものは12天守あります。

姫路城はそのひとつで、最大級の大きさを誇り、日本の城郭建築を代表する、存在となっています。

姫路城は何がすごい

特徴 ① とにかく白くて美しい

姫路城の美しさを象徴するのが、白い漆喰で覆った、その白さです。壁や屋根瓦の継ぎ目など、表面が白漆喰で仕上げられています。

漆喰(しっくい)とは
石灰を主成分とした塗り壁材のこと。姫路城の漆喰は、消石灰、貝灰、すさ、海藻などが使われている。

姫路城の漆喰は、白漆喰総塗籠造という工法が用いられており、薄く何度も塗り重ねられた厚みは、2~3㎝にもなります。

姫路城を上から見た図

特徴 ② 複数の天守で出来ている

姫路城は、メインとなる南東の大天守に、3つの小天守が四角く配置されて、渡櫓(やぐら)でつながっています。

複数の天守で構成する、この形式・分類を「連立式天守」といいます。

大小4つの天守がならんで、一体的に景観を成しており、見るポイントによって、異なる景色を楽しめるのが特徴です。

それぞれの天守が、等間隔で並んでいるのではなく、微妙にずれて並んでいるのが、美しく見える理由でもあります。

建築様式

特徴 ③ 大天守が長方形

姫路城は、メインの大天守が、東西に幅広い長方形、他の3つの小天守が、正方形の建築様式で建てられています。

大天守最上階の長方形は江戸時代の様式で、小天守は桃山時代以前の様式となり、二つの様式が併存しているのが特徴です。

小高い山の上に、大きさと建築様式が異なる天守が配置されており、どの角度から見ても、壮大で美しく見えるように建てられています。

木造建築の魅力

特徴 ④ 破風の巧みな配置

姫路城は、破風が各層で巧みに配置されており、千鳥破風入母屋破風唐破風比翼入母屋破風の4種類が見られます。

破風(はふ)とは
屋根を山形にした両端にできる、三角形の部分のこと。城の建築では天守の装飾を目的として配置されることがある。

大天守の第二層が、東西の破風によって、大屋根のようになっており、第三層以上を、その上に乗せたような形になっています。

姫路城が美しい理由

特徴 ⑤ 屋根の反りの曲線美

姫路城の屋根は、まっすぐな直線ではなく、軒隅に向けて、ゆるやかに反っており、その曲線美が特徴的です。

また、屋根の上のシャチホコ瓦、破風の下にある、懸魚(げぎょ)と呼ばれる、木製の飾り板などで、天守に装飾が施されています。

特色・仕組み

特徴 ⑥ 狭間がたくさんある

姫路城ではいたるところに、狭間が見られます。主に、丸型三角形正方形縦長長方形の4種類があります。

狭間(さま)とは
天守や櫓(やぐら)、土塀の壁面に開けられた、弓矢・鉄砲を撃つための穴のこと。

姫路城では、約1,000ヵ所ある狭間のうち、片ひざをついて、鉄砲を撃つ時に使われる、居狭間が多いのが特徴です。

Himeji city central.jpg
姫路市中心部 Wikipediaより

特徴 ⑦ 左巻きの縄張り

姫路城は天守を中心に、左回りに堀をめぐらせ、渦巻き状の3重構造となる、縄張りとなっています。

縄張り(なわばり)とは
敷地に縄を張って建物の位置を決めること。城の場合、天守や曲輪の配置など、基本となる設計のことを指す。

今残っている姫路城の堀は、内曲輪(うちぐるわ)の堀だけですが、その外側には中曲輪(なかぐるわ)、そのさらに外側には外曲輪(そとぐるわ)がありました。

この縄張りにより、天守を中心に3つのエリアを形成し、城下町を区切られた域内に包容しました。

他の城との違い

日本では古来より、名古屋城熊本城姫路城をもって、日本三大名城といわれてきました。

しかし、熊本城の天守は明治十年に西南戦争で、名古屋城は昭和二十年に太平洋戦争で焼失しています。

それぞれ、その後に復興はしているものの、江戸時代の天守が現存しているのは、姫路城だけとなってしまいました。

今日、姫路城が日本一の名城と言われるのは、戦火を免れ時代を乗り越えながら、江戸時代の様相を残しているのが、理由のひとつだといえます。

スポンサーリンク

姫路城の見どころポイント10選

姫路城の見るべきポイント

こちらが、姫路城のチケット売場です。ここから先が、姫路城の有料区域になっています。

姫路城は、外から見て景観を楽しむことができますが、入城口から入って、天守の内部に登ってみるのがおすすめです。

ここで受付しているガイドを利用して、説明を受けながら姫路城を観覧すると、よりいっそう楽しめます。

>姫路城の営業時間・入場料はこちら

こちらが、姫路城の有料区域を示した図です。

入城口から入るとすぐに、菱の門があり、いくつもの門を通りながら、天守の内部に登城していきます。

姫路城の天守を見学して、順路を進んでいくと、もとのチケット売場に、一周して戻ってくるようになっています。

姫路城を観覧する際には、お城ができた由来や、ゆかりの人物のエピソードなどを、ざっくりつかんでおくと、見るべきポイントがつかめます。

押さえておきたい姫路城の話
姫路城の三国堀

見どころポイント ① 菱の門から三国堀

入城口から入るとすぐに、姫路城の表玄関となる、菱の門があり、右手に三国堀が見えてきます。

三国堀は、天守が建っている姫山と、西の丸がある鷺山の間に設けられた、四角い堀です。

三国堀の水面には、天守が映り込むので、天候など条件が整うと、美しい逆さ姫路城が撮れるスポットです。

姫路城の西の丸庭園

見どころポイント ② 西の丸庭園と化粧櫓

三国堀の西側には、天守が完成した後に、伊勢桑名から移封した、本多忠政によって築かれた、西の丸があります。

今の西の丸は、庭園になっていますが、当時は御殿が建っており、御殿を囲んでいた百間廊下や化粧櫓が、現在でも残っています。

姫路城の百間廊下
西の丸の百間廊下

西の丸は、本多家の移封にともない、本多忠刻と再婚した徳川家康の孫、千姫が暮らしたところとして有名です。

西の丸の百間廊下と化粧櫓は、観覧できるようになっており、暮らした資料が、展示されています。

建築を説明したパネルや、白壁の材料など、姫路城に関する詳しい資料が見られるので、じっくりとお城を楽しむ方におすすめです。

暴れん坊将軍で有名な姫路城のロケ地

見どころポイント ③ 暴れん坊将軍のロケ地で有名な将軍坂

こちらは「はの門」の手前にある、ゆるやかな坂道です。

この坂道は、時代劇「暴れん坊将軍」の名場面が、撮影されたとして有名で、通称「将軍坂」と呼ばれています。

暴れん坊将軍とは
1978年から2002年にかけて、テレビ朝日系列で放送されていた、時代劇のシリーズ番組。主演は俳優の松平健(マツケン)で、江戸幕府8代将軍の徳川吉宗を、長年演じ続けた。

番組のなかで毎回登場する江戸城は、実は姫路城で、西の丸や将軍坂など、姫路城で撮影されることも多かったようです。

NHK総合テレビ「ブラタモリ」姫路城の放送では、オープニングで紹介されており、ここで今回のお題が示されていました。

ブラタモリ
姫路城の瓦紋

見どころポイント ④ 城内の瓦にある紋

姫路城では現在でも、建物の瓦などの、いたるところに、紋が残っています。

なかには、キリシタンであった黒田官兵衛にゆかりがあるといわれる、十字の紋瓦も見られます。

それぞれの紋は、ゆかりの人物を表しているので、背景の出来事とあわせて、お城を楽しむポイントです。

歴代城主の家紋一覧

仕組みを体感できる

見どころポイント ⑤ 大天守を支える東大柱・西大柱

大天守に入ると、東西に並ぶ東大柱と西大柱を、実際に手で触りながら、間近で見ることができます。

姫路城は、改修工事をかさねながら、建築当時の状態が、そのまま残っている、日本城郭のひとつです。

天守の内部に入って、構造や仕組みを実際に見ながら、約400年前の建築技術を、体感できるところが魅力です。

姫路城を敵から守る工夫

姫路城では、戦に備えた防御の仕掛けが、いたるところで見られます。

当時の人が考えた、敵から守る工夫が、そのまま残っているのも、姫路城の見どころです。

姫路城の武具掛け

見どころポイント ⑥ 武具掛け (火縄銃・槍など保管する)

天守の壁面には、火縄銃や槍などを保管しておく、数多くの武具掛けがあります。

武具掛けには、火縄銃300丁、槍70本が掛けられるようになっており、姫路城が武器倉庫として使われていたことを示しています。

姫路城の武者隠し

見どころポイント ⑦ 武者隠し (からくり隠し部屋)

大天守の3階、フロアの四隅には、ひそかに兵を配置できる隠し部屋「武者隠し」があります。

万が一にも敵に侵入を許した場合に、隠れた兵が応戦するという、からくり部屋です。

隠し部屋の中身を見る

武者隠しのなかには、扉が開いている箇所があり、外から覗くことができます。

姫路城の石落とし

見どころポイント ⑧ 石落とし (攻め込む敵から守る工夫)

大天守の1階には、石垣を登って攻めてくる敵に石を落とす、石落としがあります。

壁の一部が、出窓のようになっており、出窓の底部分にあたる扉を開くと、真下に石垣がみえるようになっています。

姫路城の仕掛け
西の丸で見られる開いた石落とし

こちらは、西の丸にある石落としです。開いた扉から、下の石垣をのぞけるようになっています。

外から見たからくり

こちらが、大天守の外側から、石落としを見たところです。

石垣を登ろうとした敵は、この角度で、隙間から石が落とされます。

姫路城の景色

見どころポイント ⑨ 最上階から眺める景色

大天守の最上階は、展望台のようになっており、周辺の景色が、東西南北に開けています。

晴れた日には、大天守の最上階から南方向に、瀬戸内海まで望むことができ、約6㎞先にある、臨海地域の煙突が見えます。

姫路城の展望台

窓からは、屋根が間近に見えるので、瓦や漆喰の盛り方など、遠くからでは判別できない、建物の細部を見ることができます。

外から見る幻の窓

姫路城大天守6階部分は、すべてに窓が設けられる予定でしたが、建築中に変更されて、4隅の窓がふさがれました。

この部分は、平成の改修工事で確認されて、発表当時は「幻の窓」と呼ばれるなど、話題になりました。

幻の窓

こちらが、大天守6階の隅にあたる部分を、内部から見たところです。

文献や記録が残っておらず、ふさがれた理由は不明ですが、耐震性を高めるためではないかと、考えられています

姫路城のシャチホコ

見どころポイント ⑩ 姫路城の鯱(しゃちほこ)を年代で比較

姫路城の鯱は、時代とともに取り換えられており、明治・昭和・平成の改修時に交換されて、昔のものが姫路城内で展示されています。

鯱(しゃちほこ)とは
屋根の上の両端につけられる、飾りの一種で、守り神とされている。姿は魚で頭は虎、尾ひれは上を向き、背中に鋭いトゲを持っているという、想像上の動物を模している。

大天守の屋根にある鯱は、通常、オスとメスで一対になっていますが、姫路城の鯱は、両方ともにオスになっており、全国的に珍しいと言われています。

姫路城の鯱瓦

姫路城の鯱は、時代によって違いがあり、それぞれに表情が異なります。

明治:ウロコの彫が一番深い
昭和:ヒレが大きく華やか
平成:昭和の形状を踏襲しつつも、より迫力を持たせている

姫路城では、並んだ状態で展示されているので、よく見てみると、各時代の違いが観察できます。

姫路城おすすめスポット

姫路城では、春・夏・秋・冬の季節によって、お城を背景にした様々な景色が楽しめます。

雑誌の紹介などで、よく見かける定番の角度から、少し離れた周辺の山々まで、様々な撮影スポットがあります。

季節・時間・ポイントを考えながら、アングルを変えて、美しいフォトグラフが楽しめるのも、姫路城の魅力のひとつです。

姫路城が別名「白鷺城」と呼ばれる由来

なぜ姫路城は白鷺城と呼ばれるのか
市鳥シラサギ 姫路市HPより

姫路城は、別名「白鷺城」とも呼ばれます。読み方は「しらさぎじょう」もしくは「はくろじょう」です。

白鷺とは
サギ科の鳥のうち、全身白色の「白いサギ」の総称。コサギ、チュウサギ、ダイサギなど。

白鷺城の呼び名の由来には諸説があり、橋本政次「姫路城の話」のなかでは、4つの説が挙げられています。

なぜ姫路城は白鷺城と呼ばれるのか
  • 同じ山陽道に、黒い外観で「烏城(うじょう)」と呼ばれる、岡山城がならんでおり、白鷺城と対照的に呼んだ。
  • 姫路城の天守が建っている姫山のことを、もっぱら鷺山ともいったので、鷺山の城ともいった。
  • 建物外観が白く美しいので、あたかも白鷺が飛んでいるように見えるから。
  • 古来より五位鷺(サギ科の鳥)が、多く生息していたから。

姫路城利用案内

姫路城の有料区域に入る入城券は、大人1000円小人300円です。

その他には、姫路城に隣接する日本庭園「好古園」とのセット券や、団体割引券があります。

バスを利用する方は、バスとセットになったお得な切符が、神姫バス姫路駅前案内所で販売されています。

姫路城の入城時間は、通常期で9:00~17:00です。16:00まで入城できます。

5月~8月のハイシーズンは、9:00~18:00で、1時間長くなり、17:00まで入城できます。

姫路城は何県?

姫路城を観覧する時間は、スムーズに見て回ると、トータルで1時間半~2時間程度くらいになります。

ハイシーズンや、特別展示がある場合は、入城に待ち時間が発生することもあるので、滞在時間に余裕をもって計画するのがおすすめです。

姫路城のお土産店

有料区域の出口では、姫路城のキーホルダーや置物、関連したキャラクターのグッズなどが、お土産として販売されています。

土産店はこのほかにも、三ノ丸広場の中や、南に出たところの、家老屋敷跡公園などにも並んでいます。

ゆるキャラ

姫路城の周辺スポットもおすすめ


建物を見て美しいと感じることは、普段の生活では、あまり多くないと思います。

姫路城を見ていると、天守の美しさと、400年以上も前に、この建物を作り上げた人たちに、関心するばかりです。

姫路は海あり山ありで、姫路城以外にも、行楽スポットがたくさんあります。

また、ナイトタイムの歓楽街には、姫路ならではの食事処や、楽しい飲み屋さんが、盛りだくさんです。

姫路城の観覧と、周辺の街歩きを合わせて、旅行のプランを立ててみては、いかがでしょうか。

>姫路で近くのお出かけスポットまとめ

下のボタンでシェアできます