インスタグラム始めました @himejilab

姫路に水素ステーションができるみたい!場所はどこ?兵庫県の普及状況を調べてみた

スポンサーリンク

兵庫県姫路市に、岩谷産業が、水素ステーションを建設するというので、場所がどこなのか調べてみました。

姫路の他に兵庫県では、神戸と尼崎に水素ステーションがあるので、現在の普及状況もあわせて、まとめてみます。

水素ステーションとは

水素ステーションとは、水素を燃料とする燃料電池自動車やバスに、水素を供給する施設です。

ガソリンスタンドで、車にガソリンや軽油を給油するように、燃料電池自動車に水素を供給する、いわゆる、水素スタンドのようなものです。

現在、水素を燃料とする、燃料電池自動車(FCV)を普及するために、全国で水素ステーションの整備が進んでいます。

スポンサーリンク

姫路のどこにできる?場所は?

住所:姫路市飾磨区中野田1丁目69(仮)

新設される水素ステーションは、姫路市飾磨区で建設工事が進んでいます。

場所は、姫路バイパス「姫路南インター」から南に約500m、車で1分ほどのところです。

上野田交差点付近、南北に通る大通りの、西側になります。

イワタニ(岩谷産業)とJHyMが建設

建設中の水素ステーション

姫路市に新設される水素ステーションは、ガス専門商社の岩谷産業と、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)が事業者となり、整備を進めています。

建設中の水素ステーション

写真の骨組みに、水素ステーションの看板が設置されるようです。

工事の終了は、2021年3月末となっています。

広報ひめじによると、4月には水素ステーションの操業が予定されているとありました。

水素ステーションを利用する車

広報ひめじ 2021年1月より

広報ひめじによると、2021年4月には、姫路市で燃料電池バスの運行が、予定されているとあります。

姫路市の公用車にも、燃料電池自動車が導入されるみたいです。


運行予定の燃料電池バスは、紹介されていたイラストから、トヨタ自動車「SORA」と判別できました。

「SORA」の動画を見てみると、動力がエンジンではなくモーターなので、非常に静かに走行しています。

電車に乗っているような、まさに、次世代の公共バスが、姫路でも導入される予定です。

ミライの走行距離


一般に購入できる、代表的な燃料電池自動車は、トヨタ自動車の「ミライ」です。

水素ステーションが整備されている都市部では、たまに見かけることがあります。

「ミライ」は、2020年12月に新型が発表されており、新型は1回の水素充填で、約850㎞(参考値)の走行距離を実現しています。

そのほかにも、燃料電池自動車には、本田自動車の「クラリティ FUEL CELL」などがあります。

兵庫県の普及状況(数)と計画

水素ステーションは、国の水素基本戦略のなかで、2020年度160箇所を目標に、整備が進められています。

兵庫県では現在、神戸市と尼崎市で営業しており、姫路市が3カ所目になります。

>トヨタHP 水素ステーション一覧

今後の建設予定・普及に期待

水素で走るバスが、姫路市内で見られるのが、楽しみですね。見つけて乗ってみたいと思います。

トヨタ「ミライ」の新型車は、価格が710万円から、補助金があるので約600万円から購入できます。

旧モデルは、走行距離が少ないもので、中古車が200万円台からあるようです。

水素社会をいち早く体験してみたい方は、燃料電池自動車の購入を、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます