明るい姫路研究所は「ひめじラボ」にリニューアルしました

書写山でデートしたい!【展望台 温泉】若者が集う観光の活性化アイデアを考えてみた

書写山の展望台

スポンサーリンク

兵庫県姫路市に、西の比叡山と呼ばれる、書写山があります。

書写山は、ロープウェイが整備されるなど、市民のレクリエーションとして、観光スポットになっています。

書写山の観光について、展望台や温泉などで若者がデートするような、活性化のアイデアを、比叡山の事例を参考にして、まとめてみました。

※このアイデアは、姫路市がSNSで意見を募集するプロジェクトに、投稿したものです。

書写山とは


書写山は、兵庫県姫路市の北西部に位置する、標高371mの山です。

西の比叡山と呼ばれ、天台宗の円教寺があり、姫路の観光スポットとしても人気があります。

山頂付近まではロープウェイが敷設されているので、山頂までのアクセスも便利になっています。

デートスポットの事例(比叡山)

本場の比叡山の近くにある、滋賀県大津市の「びわ湖バレイ」が、インスタ映えで話題になっています。

◆映えスポ びわ湖バレイ(日経新聞)2019年11月6日
https://s.nikkei.com/2qupWuK

びわ湖バレイは、琵琶湖を望む標高1100mの広大な山頂に位置します。

絶景のロープウェイ、山を利用したアクティビティ、山上テラス、冬のスキーなど、一年を通して自然を楽しめるレクリエーション施設になっています。

びわ湖バレイは20年ほど前に、スキー人気の低迷などで経営難に陥りましたが、現在では「大人の山岳リゾート」というコンセプトで集客数を伸ばし、人気の観光スポットになっています。

>びわ湖バレイ 施設概要

カフェのあるテラスがインスタ映え


2016年にオープンした「びわ湖テラス」では、有効活用されなかった既存建物の前面に、水盤がある広いテラスを設け、壮大な琵琶湖のパノラマを体感できる場所をつくりました。

既存建物をオシャレに改修したカフェでは、テイクアウトも行われ、水盤に空が映るテラスで、絶景を眺めながらリゾートのような時間を過ごすことができます。

>びわ湖テラス ブランドサイト

参照:国際観光施設協会 びわ湖テラス改装

書写山の山岳リゾート開発

書写山においても、ロープウェイを敷設した昭和の時代には、身近な観光スポットとして開発された経緯があります。

最近では、昔の山岳リゾートを改修して、再び人気を集める事例が話題になることがあります。

びわ湖バレイの成功事例は、書写山の集客においても参考になると思います。

書写山を展望台と温泉で活性化

例えば、書写山を活性化するアイデアとして、

1、ジップラインなどの多様なアクティビティ
2、既存の展望台を改修した山上テラスの設置
3、山の麓に大型の温浴施設を誘致

このような施策で、書写山を訪れる観光客を増やし、地域の活性化につなげることはできないでしょうか。

姫路市においては、お城以外の観光施設を整備することが、市域全体の活性化につながると思います。

書写山に展望デッキができる

【追記21’3/1】書写山ロープウェイの展望デッキを、整備する予算が計上されました。

観光客らの利便性向上のため、円教寺につながる「書写山ロープウエー」の旧山上駅舎を解体し、新たに休憩室やトイレ、展望デッキを整備する。関連整備費として1億3500万円を計上した。

2021年2月28日 毎日新聞より

どんな展望デッキになるのか楽しみです。

書写山ロープウェイ 公式サイト

>関西の『ジップライン』を見てみる


関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます