姫路城の歴史を6つのポイントでまとめました

【姫路】見学できる最先端オフィス「ビーコン」開設!家具おしゃれコーディネートも

スポンサーリンク

兵庫県姫路市に、最先端のオフィスが体験できるスペース、姫路ライブオフィス「BeaCCon(ビーコン)」がオープンしました。

「BeaCCon(ビーコン)」は、コクヨ山陽四国販売株式会社のオフィスが、駅前に移転した、働くシーンを見学できるライブオフィスです。

最新のおしゃれなオフィス家具を使った、机・椅子などコーディネートで、おすすめのトレンドオフィスを紹介します。

姫路ライブオフィス BeaCCon(ビーコン)

コクヨグループの、コクヨ山陽四国販売㈱が、姫路駅前にオフィスをオープンしました。

◆コクヨ姫路ライブオフィス「BeaCCon(ビーコン)」を新設(PRTIMES)2021年9月30日より

「BeaCCon(ビーコン)」は、実際にオフィスで働く姿を見学できる、ライブ感覚のオフィススペースになっています。

働き方やオフィスのかたちが変化する時代に、コクヨグループが考える、新しい在り方を発信しています。

コクヨ山陽四国販売の姫路駅前オフィス

「BeaCCon(ビーコン)」は、姫路市郊外から姫路駅前へと移転した、コクヨ山陽四国販売㈱のオフィスです。

ライブオフィスでは、実際に社員が働いている様子を見学しながら、新しいオフィスをイメージすることができます。

住所:姫路市駅前町60 マルイト姫路ビル1F
営業時間:9:00~17:30(土日祝日、年末年始および夏期休業日、会社行事日を除く)

最新トレンドのオフィスが見学できる

ライブオフィス「BeaCCon(ビーコン)」の名前には、3つの意味が込められています。

1、Beacon(発信:信号を送る)
2、Contact(集める:接触する)
3、Connect(交流:接続する)

コクヨグループ社員が身をもって、新しい時代のワークスタイルを実践することで、オフィスづくりのヒントを発信します。

姫路ライブオフィスの特長

姫路ライブオフィス「BeaCCon(ビーコン)」は、コンセプトに応じて、3つのエリアで構成されています。

①コアオフィス:主体的に情報を「集める」
②サテライトオフィス:社内外問わず気軽に「交流する」
③テラスオフィス:多目的スペースとしてさまざまな情報を「発信する」

①コアオフィス

オフィスの玄関口から入って奥が「集める」をコンセプトとする、コアオフィスになっています。

コアオフィスには、自由席、デスクトップパソコン、固定電話がありません。

働く人が自ら、グループワークや集中ワークなどを自由に選び、主体的に情報が集められる環境を、実現しています。

②サテライトオフィス

玄関口を入ってすぐのスペースは「交流する」をコンセプトとする、サテライトオフィスになっています。

サテライトオフィスは、社内外を問わず、気軽にコミュニケーションがとれる、交流スペースです。

人や情報を、つながりやすくするために、さまざまなツールを兼ね備えて、交流を促します。

③テラスオフィス

オフィス外側の広場のスペースは「発信する」をコンセプトとする、テラスオフィスになっています。

テラスオフィスは、居心地の良い「第三の場所」という意味をもつ、3rdプレイスとして利用できます。

オープンな打ち合わせ、イベントなども行える多目的スペースで、多様な働き方を発信します。

おしゃれな最新オフィス家具も

オフィスの環境が変わると、仕事するモチベーションが上がるといいます。

「BeaCCon(ビーコン)」では、コクヨグループで取り扱う、椅子や机など、最新のオフィス家具も見ることができます。

オフィスの新設、移転、リニューアルなどで、新時代の働く環境を試したい方は、見学を予約してみてはいかがでしょうか。

コクヨ山陽四国販売 見学予約サイト

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます