インスタグラム始めました @himejilab

姫路タコピィ(旧タコピア)を持ち帰りで食べてみた!名物メニューをテイクアウト

タコピィの看板

スポンサーリンク

姫路タコピィ(旧タコピア)の名物メニューを、持ち帰りして食べてみたので、紹介します。

旧タコピアは、タコピィと屋号を変更して、フェスタ地下のグランフェスタで、改装してリニューアルオープンしています。

今回、タコピィでテイクアウトしたのは、たこ焼き(明石焼き風)、焼きそば、オムライス、いか焼きの4品です。

ソースを付けてから、お出汁に浸す食べ方が、姫路流といわれる、明石焼き風のたこ焼きと、持ち帰りのメニューを紹介します。

姫路タコピィ(旧タコピア)を持ち帰り

タコピィのたこ焼き・明石焼き

タコピィは、兵庫県姫路市の駅前地下街にある飲食店です。

明石焼き風たこ焼きが名物になっており、粉もの料理を中心に、手頃な価格で定番メニューをそろえる、人気のお店です。

スポンサーリンク

グランフェスタ地下の地図と場所


タコピィは、姫路駅北にある地下街「グランフェスタ」5番街にあります。

グランフェスタは、フェスタビルの地下にあり、JR姫路駅からグランフェスタまでは、徒歩で約2分ほどです。

タコピィの玉子焼き

タコピィは、5番街のサーティワンアイスクリームの隣で、カレーハウスCoCo壱番屋の、横にある通路からも入れます。

>グランフェスタ フロアガイド

姫路タコピィにリニューアル

グランフェスタのタコピィ

姫路駅地下で営業していた「姫路タコピア」は、屋号を「姫路タコピィ」に変更し、2020年にリニューアルオープンしています。

>まねき食品 お知らせ

持ち帰りメニューの値段

タコピィの持ち帰りメニュー
店頭のメニューより

タコピィの店頭では、お持ち帰りのメニューがサンプルで見られます。

各メニューとも、店内で飲食する場合と同様に、券売機で食券(札)を購入し、店員さんに「持ち帰り」と伝えます。

名物メニューをテイクアウトしてみた

持ち帰りしたタコピィ

今回は、たこ焼き、そば焼き、オムライス、イカ焼きを注文して、持ち帰りしてみました。

持ち帰り用の容器に、それぞれパックして、白いレジ袋で持ち帰りできます。

たこ焼き(明石焼き風)

たこ焼き 明石焼き 玉子焼き

こちらが、名物のたこ焼き(明石焼き風)です。お買い上げ後3時間以内に食べるように、シールが貼ってありました。

だしの袋は、ていねいに2重にして、袋で包んであり、お箸も付いています。

たこ焼き 明石焼き 玉子焼き

こちらがパックを開けたところです。ソースのおいしい香りが広がります。

すでにソースが塗ってあるたこ焼きに、和風のお出汁が付いているところが、これぞ姫路流だなと思いました。

たこ焼き 明石焼き 玉子焼き

お出汁が袋いっぱいに充填してあったので、こぼさないように、ゆっくりと気を付けながら、用意した器に移し替えました。

しっかりとカツオが効いたお出汁で、袋から出すと香りが広がります。

ソースがたっぷりとついた、ふわふわで、中はとろとろの、たこ焼きを、和風のお出汁につけて、姫路の味をいただきました。

焼きそば

焼きそば

こちらが焼きそばです。たこ焼きと同じ容器に入っています。

ちなみに、メニューをよく見てみると、焼きそばではなく、“そば焼き”でした。

焼きそば

こちらが、容器を開けたところです。節の風味がフワッと広がります。

濃い目のソース味が好みだったので、たっぷりめの追いソースで、美味しくいただきました。

オムライス

オムライス

こちらがオムライスです。オムライス用の楕円の容器に入っていて、プラスチックのスプーンも付いています。

オムライス

黄色い玉子に、赤いデミグラスソースが食欲をそそります。

これぞ、オムライスという定番の味で、美味しくいただきました。

いか焼き

いか焼き

こちらが、イカ焼きです。透明の容器に入っていて、お箸も付いています。

いか焼き

こちらが、容器を開けたところです。今回、初めてイカ焼きを食べました。

お好み焼きのような粉ものを想像していたので、思っていたよりも、モチモチ感が強く、歯ごたえがある感じでした。

阪神百貨店で、イカ焼きが人気の商品になっているように、姫路でも、これを目当てに買いに来る人がいるそうです。

姫路タコピィ(旧タコピア)まとめ

グランフェスタのタコピィ

タコピィの名物メニューは、お店で食べるだけでなく、持ち帰りでもお手軽に購入できます。

自宅やオフィスで食べる人も、観光で来られる人も、名物の味をテイクアウトで、楽しんでみてはいかがでしょうか。

>『ギガたこ焼き器 (直径約10cm)』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます