インスタグラム始めました @himejilab

姫路発祥「御座候」を食べてみた!値段いくら?二度楽しめる美味しい食べ方とは

スポンサーリンク

姫路発祥「御座候」の、赤あんと白あんを、美味しく食べてみたので紹介します。

御座候は、昭和25年に姫路で販売開始されて、昔から時代に合わせて値段が改訂されています。

御座候の今の値段と変遷、美味しい食べ方、創業70周年を記念した、エッセイで巨大クッションキャンペーンや通販など、あわせてまとめてみました。

姫路発祥「御座候」とは

御座候(ござそうろう)は、兵庫県姫路市に本社を置く、㈱御座候が販売する回転焼きです。

社名がそのまま、商品名になっています。

全国的には、この形をした、あんこの食べ物は「回転焼き」や「今川焼き」などと呼ばれますが、姫路をはじめ一部の地域では、「御座候」と呼びます。

御座候の値段と変遷

御座候は、赤あんと白あんの2種類があり、どちらも1個の値段は、税込み95円です。(※記事作成時点)

昭和25年の創業以来、時代とともに価格改定が行われ、令和元年8月から、この値段になっているそうです。

姫路駅前 山陽百貨店の店舗

今回は姫路駅前にある、山陽百貨店の店舗で、御座候を購入しました。

御座候山陽店は、地下食品売場の入口すぐにあります。

御座候【赤あん・白あん】食べてみた

こちらが山陽百貨店で、御座候を買ってきたところです。

山陽店で購入すると、百貨店の包装紙で包んでくれるので、かんたんな手土産にも、いいもの感があります。

包装紙を開けたところです。

御座候は、中身が外観では判別できないので、赤あんと白あんの両方を買ったときは、箱の端に目印で、白あんのシールを付けてくれます。

今回は、赤あん4個、白あん2個、合計6個を購入しました。箱にぴったり。

こちらが赤あん。安定のおいしさ、まさにソウルフードです。

こちらが白あん。赤よりも少しクリーミーに仕上がっていました。

トースターで香ばしく焼いてみた

冷めてもおいしい御座候ですが、表面がパリッとするまで、トースターで軽く焼いてやると、香ばしくて美味しくいただけます。

出来立てのしっとりとした生地と、パリッと焼いた食べ方で、御座候を二度楽しむことができます。

美味しい食べ方で二度楽しめる

御座候の温め方については、電子レンジを使ったり、トースターで軽く焼いたりと、それぞれだと思います。

これに加えて、公式サイトには、もち網に乗せて弱火でじっくりと温める、こだわりの食べ方が、紹介されていました。

カリっとした食感で、小豆の風味が別格になるそうです。

これ、キャンプやBBQの時なんかに、試してみたくなりました。

巨大クッションキャンペーン

御座候のイラスト

御座候が、創業70周年の記念キャンペーンで、話題になっています。

◆リアル!でかい!御座候の巨大クッション爆誕 70周年記念グッズに関西人の血が騒ぐ(まいどなニュース)2019年10月4日より

巨大クッションの名前は「10倍御座候ぬくぬくBIGクッション」で、実物の御座候とくらべて、約10倍の大きさがあります。

御座候にまつわる話を「思い出エッセイ」として応募し、優秀な作品(A賞100名)に選ばれるともらえます。

応募締切は2019年10月末日まで。ホームページから応募できるので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

>御座候 思い出エッセイ 応募ページ (終了)

【追記】賞品の発送は、厳正なる審査の上、2020年1月頃の予定となっています。

通販であんこも

御座候は、出来たてが店舗で提供されているだけでなく、工場で作ったあんこが、通販で販売されています。

肉まんやアイスバーなども、オンラインショップで販売されているので、通販で御座候を楽しんでみてはいかがでしょうか。

御座候 公式オンラインショップ

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます