家島坊勢島(姫路市)で年収1000万も!漁師が儲かるヒミツと豪邸並ぶ島を紹介!

家島の航空写真

スポンサーリンク

家島坊勢の漁師が稼ぐ年収について、テレビ東京の番組で話題になっていました。

瀬戸内の漁師がどのようにして儲かるのか、坊勢島漁師の年収はいくらなのか、儲かる漁師のヒミツを紹介します。

坊勢島で年収1000万も

テレビ東京の番組では、「豪邸が並ぶ謎の島!儲かる漁師のヒミツ」として坊勢島を紹介。人口2000人の島が本当に儲かっているのかという企画です。

◆年収1000万円で豪邸も!子どもたちが憧れるストレスフリーな職業(テレ東プラス)2019年6月7日http://bit.ly/2MD0k9v

島の人に取材をしてみると、確かに1000万円越えの声が多数あるのだとか。

島の漁業については、魚を捕るだけではなく、獲った魚を生けすでストックする「畜養」という方法が紹介されています。

島の漁師たちが、安定収入を得られていて、姫路市内にマンションなどセカンドハウスを持つ人も多いということです。

確かに、そんな話を聞くことがあります。家島の漁業って、テレビで話題になるくらい、儲かってるのですね。

儲かる漁師と観光

群れで回遊する魚

家島は船で約30分と近いのですが、実際に用事がないと、あまり足を運ぶことはないように思います。

近くに船に乗れる機会があることや、こんなに豊かな島があることが、姫路市内の人にとって、もっと身近になればいいなと思います。

また、姫路城の観光客においても、姫路で1泊して、2日目は家島に日帰りツアーができるような企画があれば、もっと姫路を満喫してもらえると思います。

家島って、ポテンシャルが半端ないと思います。

>養殖について調べてみる『トコトンやさしい養殖の本

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます