インスタグラム始めました @himejilab

姫路 うなぎ老舗「森重」で食べてみた!牡蠣もある!姫路城近くの名店を紹介

森重のうなぎ

スポンサーリンク

姫路で、うなぎの老舗として有名な名店「森重」でランチを食べてきました。

森重は姫路城の付近からも近く、テイクアウトで持ち帰りできるので、姫路にグルメ観光で来られるかたにもおすすめです。

姫路城の周辺で、美味しいうなぎを探しているかたに、老舗で人気の鰻・牡蠣料理 専門店「森重」を紹介します。

姫路 うなぎ老舗「森重」とは

明治時代の姫路ガイド『現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌』のなかに、森重のうなぎについて、このような記述がありました。

森重の鰻 / 梅枝の鮓

料理ですぐれて巧みなものとしては、坂元町に森重の鰻があり、米田町に梅枝の鮓がある。いずれも姫路を訪れた者が味わって激賞するものである。

「現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌」p160より

森重のうなぎは、今でも坂元町からすぐ近くの魚町で、場所を移して営業しています。

森重のうなぎは、初代の重助さんが江戸時代に江戸深川で習い、姫路で開店したお店だそうです。

開店にあたっては、姫路藩家臣である河合寸翁の命があり、藩士武井守正の援助があったといいます。

森重の創業は1848年(嘉永元年)で、江戸時代から姫路で多くの人に親しまれてきた老舗になります。

森重のうなぎが有名な理由

姫路でうなぎの有名店「森重」

森重は明治初期、明治天皇が姫路に立ち寄られた際に、臨時大善職を命じられ、うなぎを献上しています。

また、幕末には勤王の志士たちが集ったお店で、当時のお得意様名簿には、坂本龍馬の名前があるほど、姫路で有名なお店でした。

鰻と牡蠣料理の専門店

森重は、うなぎだけでなく、うなぎと牡蠣の専門店なので、旬の季節には、新鮮な牡蠣料理も提供しています。

牡蠣料理のシーズン(11月上旬~3月下旬頃)と、それ以外の期間では、季節に合わせて、お店のメニューが変更されます。

姫路城の近く 歩いていける名店

住所:姫路市魚町126番地

森重は、姫路城の大手門付近にある家老屋敷跡公園から、徒歩約6分の場所にあります。

姫路城周辺で、美味しいうなぎを探しているかたは、近くに歩いていけるのでおすすめです。

ランチに森重のうなぎを食べてみた

森重のうなぎでランチ

明治時代の姫路ガイドに、激賞だとあったので、森重のうなぎを、実際に食べに行ってみました。

注文したのは、ランチメニュー「鰻 梅の膳」です。

森重のうなぎでランチ

蓋を開けると、うなぎの香ばしい香りが、食欲をそそります。

「鰻 梅の膳」は、鰻まむし小(1/3切)、出し巻、吸物、香の物がついています。

関西風のうなぎ

森重のうなぎは、関西風の焼き方にこだわっていて、蒸しを入れずに香ばしく焼き上げられているそうです。

表面はカリっとした焼き具合で、香ばしさが広がって、まさに“激賞”の味でした。

歴史の人物がこの味を食べたと思うと、それだけで、森重で食べる価値があるなと思いました。

持ち帰り テイクアウトも

うなぎの森重が営業中

森重のうなぎは、持ち帰りにも対応してくれます。(※事前に電話にて予約)

天気のいい日は、姫路城を見ながら、森重のうなぎを食べてみるのも、いいかもしれません。

姫路で美味しいうなぎ・牡蠣料理を探しているかたは、老舗の森重で、召し上がってみてはいかがでしょうか。

森重 公式サイト

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます