ほこみち制度で全国初事例!姫路市の大手前通りを通って姫路城へ行ってみた!

大手前通りから見た姫路城

スポンサーリンク

国土交通省が新たに創設した、歩行者利便増進道路(通称:ほこみち)制度で、兵庫県姫路市の大手前通りを含む3カ所が指定されました。

大手前通りは、姫路市の再整備事業によってリニューアルした、姫路駅前のメインストリートです。

ほこみち制度とは、どんな制度なのか、姫路大手前通りの事例について紹介します。

また、大手前通りを通って、姫路城まで歩いて行ったので、通りにあるビルの店舗や、活性化イベント「ミチミチ」など、あわせて紹介します。

ほこみち制度で姫路市が全国初事例

ほこみち制度 指定道路 特例区域
国土交通省HPより

「ほこみち」とは、歩行者利便増進道路の通称で、国土交通省が創設した、新しい道路指定制度です。

この制度を利用すると、道路空間を街の活性化に活用するなど、利用者の要望に沿った道路空間が、つくりやすくなります。

例えば、飲食店がオープンカフェを設置するような、民間の創意工夫を活用した、空間づくりが可能になります。

「ほこみち」メリットのポイント
・今まで以上に歩道が活用できる
・必要な道路占用許可が柔軟に認められる
・占有者を幅広く公募できるようになる
・長期的な道路の占有も可能に

姫路・神戸・大阪で「ほこみち」指定

創設された新制度の下で、全国初の事例として3カ所が、ほこみちに指定されました。

◆全国初の歩行者利便増進道路「ほこみち」が指定されました(国土交通省発表)2021年2月12日より

ほこみちに指定されたのは、御堂筋(大阪市)、三宮中央通り(神戸市)、大手前通り(姫路市)の3カ所です。

ほこみちに指定された各道路では、今後、賑わいの創出など、道路の魅力的な活用が、実施されていきます。

国土交通省 ほこみち公式サイト

大手前通り(姫路市)の場所

姫路市大手前通り
国土交通省HPより

兵庫県姫路市にある大手前通りは、姫路駅前から姫路城までまっすぐに続く、幅50mある南北の大通りです。

JR姫路駅から姫路城を眺めるメインストリートで、平成26年度から令和元年度にかけて、姫路市により再整備が実施されています。

主な整備内容
・デザインによる歩行者と自転車の空間区分
・樹木の間伐
・勾配の解消とバリアフリー
・ウッドデッキやベンチの設置
・照明の整備

>姫路市 大手前通り再整備の事業内容について

また、姫路駅の駅前広場と大手前通りは、総合的な開発事業が評価され、「2015年グッドデザイン賞」に選ばれています。

姫路城の景観がもつポテンシャルを、デザインで最大限に生かした歩道は、世界遺産まで飽きずに歩ける道として、評価されています。

姫路 大手前通りを通って姫路城へ行ってみた

大手前通りは、姫路城を遠くに見ながら、歩いていけるので、姫路駅に着いた多くの観光客は、この道を通って姫路城に向かいます。

姫路駅から大手前通りを歩いて、姫路城大手門まで行くには、東西どちらかの歩道を通って、約10分ほどかかります。

姫路城を見て左側 (西側)で行ってみた

姫路駅北口広場から見る大手前通り

こちらの広場が、姫路駅の北口を出たところです。

西側の歩道を歩いて行くには、姫路城を正面にみて、左手の方向にある、交番と横断歩道に向かって、進んでいきます。

姫路駅北口の交番

こちらの横断歩道を渡って、姫路城の方向に進んでいきます。

山陽百貨店の大手前通り側

左手に見えるのが、姫路唯一の百貨店となった、山陽百貨店です。

山陽電車姫路駅の入口

山陽百貨店の建物は、神戸・大阪方面の私鉄「山陽電車」の改札につながっています。

山陽電車を利用するかたは、ここから入ると、2階の改札に行けます。

大手前通り沿いのセブンイレブン りそな銀行

まっすぐに進んで、セブンイレブンがある交差点の、横断歩道を渡ります。

この東西の道は、江戸時代には姫路城下の堀でした。埋め立てられて道路になっています。

大手前通り沿い みなと銀行

大手前通りには、ビルが立ち並んでいて、1階の路面には金融機関の本店や支店が並んでいます。

大手前通りの歩道

この角を左に入っていくと、ボートレースの場外チケット販売所があります。

地方レースの投票券が買えるので、スケジュールを見ながら、ボートレースを楽しんでみるのもいいかもしれません。

大手前通り沿いのファミリーマート

姫路城までの道のりで、ここのファミリーマートが、最後のコンビニになりますので、用事があるかたは、済ましておくのがおすすめです。

ファミリーマートの角を西に入っていくと、姫路最大の歓楽街「魚町通り」に入っていきます。

魚町通りの周辺は、ナイトタイムに活況で、地元ならではの美味しい飲食店や、飲み屋さんが、たくさんあります。

大手前通り沿いの西松屋

呉服店「西松屋」の角を入っていくと、西二階町通りになります。

西二階町通りは、老舗のお店が多いので、散策してみると、姫路の歴史あるお店に出会えます。

老舗がひしめく西二階町と二階町

大手前通り沿いの歩道

こちらの東西の通りが「旧西国街道」で、江戸時代には大名行列などが通る、メインストリートだったそうです。

大手前通り沿いの横断歩道

姫路城に向かって、横断歩道を渡って進んでいきます。

この横断する東西の道路も、江戸時代には姫路城下の堀でした。埋め立てられて道路になっています。

大手前通り沿いの歩道

江戸時代の堀の石垣が、今でも残っています。

ここから西に少し行ったところに、中ノ門という大きな門がありました。

大手前通り沿いの家老屋敷跡公園

姫路城まで行く手前には、家老屋敷跡公園があります。

ここには、お土産を買ったり、食事できるお店が並んでいます。

姫路城

姫路城の桜門橋と、大手門が見えてきました。

姫路駅からここまでは、約10分少し歩く距離です。

姫路城を見て右側 (東側)で行ってみた

姫路駅北口広場から見る大手前通り

東側の歩道を歩いて行くには、姫路城を正面にみながら、そのまま、広場を進んでいきます。

大手前通り沿いの三菱UFJ信託銀行

歩道に沿って進んで行くと、老舗の弁当屋がこだわって出店した、穴子弁当があります。

ここで弁当を買って、姫路城を見ながら食べるのも、いいかもしれません。

再整備でリニューアルした、歩道のデザインを散策しながら、まっすぐに進んでいきます。

大手前通り沿いの横断歩道

姫路城の方向にまっすぐ進んで、横断歩道を渡って行きます。

この横断する東西の道は、江戸時代には姫路城下の堀でした。埋め立てられて道路になっています。

大手前通り沿いの播陽証券

この辺りは、ビルが並んでいて、1階の路面店には金融機関が並んでいます。

ヤマサ蒲鉾大手前店

全国のテレビ番組で紹介されて、話題になった、ヤマサ蒲鉾の大手前店が見えてきます。

この角を東に入っていくと、二階町通りになります。この通りは、老舗のお店が多いので、散策も楽しめます。

老舗がひしめく西二階町と二階町

大手前通り沿いの横断歩道

姫路城に向かって、横断歩道を渡って進んでいきます。

この横断する東西の道も、江戸時代には姫路城下の堀でした。埋め立てられて道路になっています。

姫路コンベンションビューロー

姫路の観光を発信する、姫路コンベンションビューローがあります。姫路の観光情報が、豊富にそろっています。

大手前公園

広い歩道を進んで行くと、東側に大手前公園が見えてきます。

ここでは週末などに、大きなイベントが開催されるので、イベントの時は活況になっています。

姫路城

大手前公園をすぎて、横断歩道を渡ると、姫路城の桜門橋と、大手門が見えてきました。

姫路駅からここまでは、約10分少し歩く距離です。

イベント「ミチミチ」の事例を紹介

大手前通り活用チャレンジ2020ミチミチ

大手前通りでは、イベント「ミチミチ」など、活性化の取り組みも、実施されています。


大手前通り活用チャレンジ2020「ミチミチ」の事例は、国土交通省の全国会議で、紹介されていました。

大手前通りでは、全国で初めて「歩行者利便増進道路」に指定されたこともあり、今後さまざまなイベントが開催される予定です。

大手前通りまとめ

リニューアルした大手前通りの歩道は、世界遺産の姫路城を見ながら、姫路駅から飽きずに歩けるメインストリートになっています。

今後、ほこみち制度の指定で、全国に発信できるようなイベントが、開催されることを期待したいと思います。

姫路城に行く人も、姫路駅前で観光する人も、大手前通りを散策してみるのが、おすすめです。




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます

使って得したおすすめサービス




BIGLOBEモバイルはYouTube見放題のオプションがあるので使っています。SIMを替えるだけでスマホ代が大幅に節約できて、何の不便も感じていません。




ネットが混雑する時間帯に回線が重くなることがあったので、NURO光に切り替えました。評判どおりサクサク快適で、料金もお得に節約できました。