神戸物産が本社移転で新社屋建設!場所はどこ?いつから?加古川駅から行ってみた

神戸物産が運営する業務スーパーの看板

スポンサーリンク

業務スーパーを展開する神戸物産が、兵庫県加古川市に本社移転を進めています。

本社を移転する新社屋の場所は、どこになるのか、いつから本社移転をするかなど、調べてみました。

実際に、JR加古川駅から本社ビルまで、徒歩でアクセスするには、何分かかるか、行き方もあわせてまとめてみました。

神戸物産 (業務スーパー)とは

【会社概要】※神戸物産 HPYahooファイナンスより抜粋

商号株式会社神戸物産
本社兵庫県加古郡稲美町中一色876番1
設立1985年11月6日
事業概要・業務スーパーなど小売店、外食・惣菜店のFC事業
・海外での商品開発・輸入、国内自社生産、及び加盟店への商品供給
・エコ再生エネルギーを活用した発電所の運営
従業員数単独403人、連結2147人
店舗数国内866店舗 (2020年7月末現在)

神戸物産は、食品小売りの「業務スーパー」を、全国にフランチャイズ展開する企業です。

業務スーパーの他にも、外食や惣菜店のフランチャイズ、エコエネルギー事業なども手掛けています。

本社移転の場所は加古川市

住所:兵庫県加古川市加古川町平野 (建設中の住所表示)

神戸物産では、本社を現在の加古郡稲美町から、加古川市平野へ移転する計画を進めています。

本社移転は、稲美町の本社から距離で約4㎞、西に行った場所に計画しています。


移転予定地は、JR加古川駅の徒歩圏内で、駅から東方向に高架沿いを歩いて、約7分ほどの場所になります。

神戸物産の新社屋 (建設中)

建設中の神戸物産本社ビル
JR神戸線の車窓より

予定地では新社屋の建設が進んでいます。南隣には、お寺が見えます。

JR神戸線に乗っていると、南側の窓から見えるぐらいの場所にできます。

神戸物産本社の新社屋図面
案内板より

案内板によると、新社屋は主に3つの建物からなり、研究棟事務所立体駐車場が、計画図に描かれていました。

本社移転はいつから?

工事現場の案内板
案内板より

建設現場の案内板によると、工事完了の予定日は、令和2年12月28日となっています。

神戸新聞の記事によると、神戸物産が2021年春をめどに、本社を移転するとあります。

◆「業務スーパー」の神戸物産、加古川に本社移転へ 21年春めど(神戸新聞)2020年9月4日
https://bit.ly/3ix9zUo

加古川駅からアクセスしてみた

JR加古川駅の改札付近

JR加古川駅には、改札が1つあります。

神戸物産の本社(建設中)に行くには、改札を出て、北口・南口のどちらからでも行けます。

今回は、より近い南口から、行ってみました。

ヤマトヤシキ加古川店

南口を出ると、地元百貨店のヤマトヤシキが、正面に見えます。

駅の東方向にある、神戸物産の本社に行くには、ヤマトヤシキを右手に見ながら、進んでいきます。

サンライズ加古川

サンライズ加古川というビルの方向です。

加古川は棋士のまち

棋士のまち加古川の看板

ちなみに、ヤマトヤシキのなかには、かこがわ将棋プラザがあります。

兵庫県加古川市は、「棋士のまち」として取り組んでおり、かこがわ将棋プラザでは、プロ棋士から将棋を教えてもらえます。

神戸物産本社にアクセスする道

サンライズ加古川をすぎて、高架沿いを歩いていくと、一方通行道路になっています。

そのまま、歩道をまっすぐに進んでいきます。

本社近くに保育園

加古川駅前あかり保育園

神戸物産の本社に行くまでの、高架沿い交差点には、駅前保育園がありました。

駅前あかり保育園

神戸物産本社にアクセスする道

交差点を渡って、まっすぐに高架沿いの歩道を進んでいきます。

本社近くの駐車場

神戸物産本社周辺の駐車場

JRの高架下には、駐車場がありました。

周辺には、いくつか駐車場がありましたが、いずれも一日の駐車代金が、500円前後でした。

神戸物産本社の入口付近

まっすぐに高架沿いを歩いていくと、右手(南側)に、建設中の本社が見えます。

付近は現在工事中ですが、計画図を見てみると、ここが新社屋への入口になりそうです。

加古川駅の改札からここまでは、徒歩で約7分ほどかかりました。

神戸物産の本社移転まとめ

神戸物産の新社屋が楽しみですね。

全国で販売される商品が、ここで研究開発されると思うと、業務スーパーで買い物がしたくなります。

神戸物産の本社移転で、加古川駅の利用が増えて、駅前が活性化するといいなと思います。

>『業務スーパーやみつきレシピ』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます