地方競馬を売上増で黒字にする方法を考えてみた!姫路で人気馬が走る楽しみ方とは

走るサラブレッド

スポンサーリンク

地方競馬の経営を考える上で、何か面白い楽しみ方を提供して、売上を上げていく方法はないかと、アイデアを考えてみました。

姫路競馬が7年ぶりにレースを再開したので、姫路をモデルに地域と一体となった活性化の方法を、まとめてみたいと思います。

競争馬の種類

昔のことですが、「姫路競馬はロバが走ってる」って聞いたことがあります。

笑い話ですが、調べてみると、あながち冗談ではなかったようです。

アラブ種の馬
アラブ種

一般的に私たちがイメージする馬は、イギリス在来系のサラブレッドという種類なんですが、姫路競馬で走っていたのはアングロアラブという種類で、少し小柄で細身の馬だったみたいです。

昭和の時代に姫路競馬ではアラブ系の馬が走っていたので、「ロバが走っている」と、笑い話になったのかもしれません。

地方競馬が生き残るアイデア

ところで、今から姫路競馬でレースを再開するにあたって、中央競馬と同じサラブレッドを走らせても、注目されないと思うんです。

これから先、姫路競馬が存続していくためには、マーケティング的に言えば、競合を意識して差別化するということが大切なんだと思います。

そこで、差別化のポイントとして、他にはない馬種のレースを開催してみてはどうでしょうか。

日本在来馬で差別化

日本在来種の馬
日本在来馬 / 木曽馬

例えば、日本在来馬でのレースなどがあったら、おもしろいと思います。

日本在来馬とは、洋種馬とほとんど交雑することなく残ってきた、日本固有の馬種です。

現在、8品種程残っていますが、個体数が少なく、絶滅が危ぶまれている馬種です。

この種をレースで走るために育て上げ、1日1回でもよいので、姫路競馬で走らせる。

そうすれば、日本古来の馬が走るのを見るために、日本中から競馬ファンが集まるのではないでしょうか。

姫路に馬産業の誘致


同時に、日本在来馬を保存する施設をつくったり、姫路城周辺で日本在来馬に乗馬できるようにしたりと、周辺の産業も立ち上がれば、地域活性化に役立つと思います。

姫路競馬が生き残る戦略を考える場合、馬関連の産業や、周辺の経済も含めた新しいアイデアが大事なんだと思います。

>姫路競馬を『楽天競馬』で投票してみる。詳しい方法はこちらから

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます