書写山を登山してみた!初心者ルートは東坂!? ハイキングで歩いて登る時間とは

書写山

スポンサーリンク

姫路市の北西に位置する、書写山を登山してみたので、山登りしたコースや時間などを紹介します。

今回は、天気も良く、軽い服装で、初心者・子供におすすめの東坂参道を、登山口から山歩きしながらピクニックできました。

書写山は、東坂や西坂など、6つの登山ルートがあり、登山道はどこに辿り着くのか、時間は何分ぐらいかかるのか、ハイキングコースを紹介します。

姫路で登山・ハイキングに楽しい低山5選

書写山を登山してハイキング


書写山は、兵庫県姫路市の北西部に位置する山です。

山上には、西の比叡山と呼ばれる天台宗の名刹があり、国宝級の建物が立ち並んでいます。

書写山は四季折々の風景を楽しむことができるので、姫路の行楽スポットとしても人気になっています。

登山ルートと山上の到達場所

書写山の登山ルート
姫路市動画「書写山の魅力」より

書写山の山上までは、ふもとから6ルートの参道があります。

書写山の登山ルート
・東坂
・西坂
・六角坂 (ろっかく)
・置塩坂 (おきしお)
・刀出坂 (かたなで)
・鯰尾坂 (ねんび)

どのルートで登っても、山上までは、約1時間で行けるそうです。

全6コース (東坂・西坂・六角坂・置塩坂・刀出坂・鯰尾坂)
書写山案内板より作成

それぞれのルートは、山上でたどり着く場所が違います。

なかでも東坂は、途中の山上駅までゴンドラに乗って行けるので、多くの参拝者が利用しています。

初心者・子供は東坂がおすすめ

書写山の登山道

書写山参道の6ルートのうち、登山者が多いのは東坂で、初心者や子供にもおすすめのルートです。

東坂を登れば、何らかの理由で、歩いて下山できない場合があっても、登りはじめの付近に、降りられるので安心です。

スポンサーリンク

書写山の東坂ルートを登山してみた

書写山の東坂ルート

今回は、書写山を登るのが初めてだったので、迷わずに東坂を選んで、山上駅の展望台まで登ってみました。

東坂は、バス終点付近の施設から、登山口まで迷わず行けるように、案内板が示されています。

登山口の道標

駅舎の裏手あたり、高速道路の高架下にあるフェンスに、書写山の登山口を示す案内板があります。

この矢印のとおりに進んで行くと、登山口までたどり着けます。

書写山を歩きで登る

高速道路の高架下を、案内板のとおりに、歩いて進んでいきます。

登山道の赤い矢印が、曲がり角ごとに、丁寧に表示してあるので、迷わずに進めました。

書写山を徒歩で登る

高速道路の高架を過ぎると、書写山の山裾に沿った道を、歩いていきます。

のどかな田園風景が広がっています。

東坂参道

山裾の道を進んでいくと、住宅街を通ります。このあたりは、迷惑にならないように、進んでいきます。

登山道の赤い矢印を探すのが、宝探しをしているみたいで、楽しみながら歩けました。

東坂ルートの登山口から登る

登山口の道標

登山道の矢印を見ながら、進んで行く途中の、少し外れたところに、東坂参道の入口があります。

この場所は、車が通る2車線の県道沿いに、お堂が建っていて、道しるべとなる石柱があります。

書写山の登り口

道しるべの石柱の横に「東坂参道入口」の案内板がありました。

ここから書写山に向かう道筋は、立丁と呼ばれて、かつてはお店が軒を並べていたそうです。

書写山の入口

登山道の矢印どおりに進んで行くと、登り口に入っていきます。

善意の杖

登り口に近づくと「善意の杖」という、竹の棒が置いてあります。杖が必要な人は、善意の杖が役に立ちます。

善意の杖は、山上付近で同じように、返却するところがあります。

山道

こちらが、登り口から入ったところです。思ったより登山道が整備されていました。

登山というと、険しい坂を登るイメージがありましたが、登山道が整備されていたので、階段を上る感じで、登ることができました。

書写山のハイキングコース

この石は、登山道の何丁目かを示す「丁石(町石)」といいます。登り始めるとすぐに、一丁がありました。

東坂参道は、仁王門の十八丁が終点になります。途中の山上駅には、十三丁がありました。

何丁あるか数えてみた

登山道を登って進んでいきます。町石のなかには、隣にお地蔵さんをまつっているものがあり、お水を供えてありました。

進んでいくと、三丁と四丁の間には、日本一小さい池「宝池」がありました。

池の定義がよく分かりませんが、何らかの機関によって、認定してほしいところです。

書写山の景色

進んでいくと、五丁には展望所があります。ここから南方向に、姫路市街地を眺望できます。

腰を掛ける石があったので、景色を見ながら少し休憩しました。

山道を歩いて登る

六丁から七丁にかけては、比較的ゆるやかな坂道が続いています。

道幅のある林道を、歩いていく程度の坂道を、進んでいきます。

書写山の登山道

七丁付近も、ゆるやかな坂道が続きます。

山道では、登山者がお互いすれ違いざまに「こんにちわ」など、軽く挨拶されていました。

東坂ルートを登る

登山道の途中で傾斜が急な部分は、石を削ったり、丸太を敷いたりして、登りやすいように整備されています。

東坂は全体的に、登山者がすれ違えるぐらいの幅で、整備されていました。

登山するときの服装・靴

八丁付近を進んでいきます。

石や土などで、滑りやすい部分があるので、しっかりとグリップする、登山向けの靴がおすすめです。

登山の難易度

九丁付近を進んでいきます。登山道が石の階段になっています。

山を削ったり、石を並べたりで、昔の人はよくこの道を整備したなと思いました。

鰐の背中

九丁を過ぎると、岩肌がゴツゴツしている、少し急な坂が現われます。

この坂は「鰐(ワニ)の背中」と呼ばれているそうです。

難易度が上がる場所

鰐の背中では、大人は一歩一歩、少しずつ登って、子供は時折、手をついて登るぐらいの、岩の坂が続いています。

この坂は近道なので、少し遠回りになりますが、脇にはもう一つ、登山道があります。

ウォーキング

鰐の背中を過ぎて、十丁へと進んでいきます。

十一丁を過ぎたあたりに、善意の杖を返却する箱が置いてあります。ここからは、なだらかな坂道が続いています。

ピクニックのポイント

登山道の途中に、脇道を入っていくと「紫雲堂跡 展望広場」があります。

ここからの景色も、書写山ビューポイントのひとつになっています。

初心者でも徒歩で登れる

進んでいくと、いよいよ、山上駅が見えてきました。

山上駅までかかった時間

山上の道標

山上駅と展望台付近に到着しました。ここは東坂参道の十三丁にあたります。

乗り場付近から、ここまでかかった時間は、約50分でした。

写真を撮るために、立ち止まりながら登ったのですが、それがなければ、40分~45分ぐらいで、登れたと思います。

ここから、東坂参道を進んで入山するには、志納金(中高生以下は無料)が必要になります。

秋には紅葉がきれい

こちらが、山上駅の展望台から見た眺望です。

遠くに臨海地域の煙突が見えるので、天気の良い日には瀬戸内海まで、見渡すことができます。

こちらの山上駅は、リニューアルする整備計画があり、姫路市において予算が計上されています。

【2022年3月】リニューアル完了
新しい施設「ミオロッソ書写」に行ってみた

書写山を西坂ルートで下山してみた

【後日記す】再び書写山を訪れる機会があったので、前回とは違って、西坂ルートで下山してみました。

十妙院

西坂の丁石は、一丁が山上の十妙院前にあり、十八丁がふもとの登山口にあります。

このことから、昔の参詣者の多くは、東坂を上り参道、西坂を下り参道として、往復別々の山道をたどったのではと、考えられています。

妙光院

少し下って妙光院をすぎると、二丁にさしかかります。

ここを左へ行くと山上駅ですが、昔の人の気持ちになって、西坂ルートで下山してみました。

西坂参道

西坂ルートを下山すると、日吉神社、兵庫県立大学工学部のキャンパスに、たどり着きます。

西坂ルート

西坂は、車一台分ぐらいの幅がある、山道が続いています。三丁あたりは、車が旋回できるくらいの、広場がありました。

山道というより、整備された林道といった感じがしました。

文殊堂

七丁には、書写山開山のゆかりがある「文殊堂」があります。

西坂は、書写山開山の時に、性空上人が登ったとされる道で、ここで出会った白髪の老人に、この山の由来を伝えられたといわれています。

山道

西坂は、舗装されていませんが、道路になっており、ところどころで車がすれ違えるように、道幅が広くなっています。

西坂の道路

十四丁をすぎたあたりからは、コンクリートで舗装された箇所があります。このあたりは斜度もかなり急です。

車で登る

下山していると、車が一台と通っていきました。西坂は、書写山関係者の、生活道路にもなっているようです。

西坂の入口

このあたりは、七曲りといわれるほど、曲がりくねった、急な斜面を下りていきます。

急な斜面が、階段状ではなく、コンクリートの道路になっているので、滑りにくい靴でないと、歩くには危ないなと思いました。

西坂の入口

こちらが、西坂コース登山口の十八丁です。東坂とは反対で、一番下が十八丁になっています。

車で登るのは全面的に禁止

車で登るのは関係者以外禁止

書写山の西坂は、許可がない車両の、通行を禁止しています。ここから車での参拝は、できません。

自動車、バイク、スポーツ自転車などの侵入が、全面的に禁止となっています。

西坂の入口には、ゲートがあり、参詣する登山者にむけて、案内が記されていました。

御参詣登山の皆様へ
最近、単車・ジープ等が、深夜にも登山し境内を走行する事があり、この防止の為やむを得ずこのような柵を設置しました。歩行登山の方々に、大変御迷惑をかけ誠に申しわけありませんが、御了承下さいますよう、お願い致します。

歩いて登るには、問題なさそうですが、急で滑りやすい場所があるので、服装・靴に気を付けたいところです。

西坂のふもとには、日吉神社があります。

日吉神社は、書写山を開山した性空上人が、比叡山の守護神・山王分霊を迎えて、書写山を守ったのが、はじまりだと言われています。

西坂コースの登山口は、兵庫県立大学の北門・東門に沿った坂道から、登っていきます。

書写山は山登りの初心者におすすめ


書写山の東坂参道は、思っていたより登山道が整備されていて、無理なく登ることができました。

その他のルートも、約1時間で登れるというので、書写山の登山は、軽い運動に最適だと思います。

一方で、書写山ロープウェイの便利さを実感しました。今回登った区間を約4分で行ける、空の旅もおすすめです。

登山を楽しむ人も、ゴンドラに乗って行く人も、天気の良い日は、書写山にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

>全27コース「はりま山歩き」を見てみる

下のボタンでシェアできます