市川野鳥観察所 姫路でバードウォッチングが楽しめる

スポンサーリンク

イメージ

兵庫県姫路市にバードウォッチングが楽しめる野鳥観察所があるので、紹介したいと思います。

バードウォッチングってなに?

イメージ

バードウォッチングとは、「野鳥観察」や「探鳥」とも言い、野鳥の観察を楽しむことを言います。

イギリスが発祥と言われていて、日本では昭和の初期に初めての探鳥会が行われたそうです。

バードウォッチングは誰でも簡単に始められる趣味です。野鳥の美しい姿、多様な鳴き声、特異な行動などを観察して、様々に楽しむことができます。

また、バードウォッチングはグローバルな趣味なので、海外のバードウォッチャーとも交流を深めることができます。

市川野鳥観察所はどこにあるの?

姫路市には野鳥が観察できる「市川野鳥観察所」があります。

観察所は姫路市飾磨区中島にあります。市川下流付近、浜手緑地のなかにあり、国道沿いの目印は「あかねの湯姫路南店」、その近くです。

市川野鳥観察所はどんなところ?

浜手緑地の駐車場に車を停めると、こんな看板があります。見てみると、人口池の真ん中に小さな島があり、池のほとりに観測所があるようです。

まわりの道はこんな感じ。木が生い茂って森林のようになっています。この時点で、たくさんの野鳥の声が響いています。

途中にある簡易観測所。ここはいつでも使うことができますが、覗いてみると雑草が茂って池が見えません。

これが市川野鳥観察所です。普段はカギが閉まっていて、中には入れません。先ほどの地図でいうと、池の上にある赤い丸のところです。

観察所付近から見た風景です。景色がいいです。

こんな大きな鳥を観察できました。どんな鳥なのか、どこから来たのか興味が湧いてきました。

池の対岸から見た観察所です。

姫路市が設置した看板。この公園はバードウォッチングができるように、姫路市が整備しているんですね。

バードウォッチング

市川野鳥観察所では、西播愛鳥会の協力により、バードウォッチングが開催されます。

【令和元年度の開設日時】

令和元年11月3日から令和2年2月23日までの期間の毎週日曜日
※ただし、雨天・荒天および年末・年始(12月29日・1月5日)は開設しませんのでご注意ください。時間は、午前10時から午後2時までです。

令和2年1月12日(日曜日)には、探鳥会を開催します。

観察小屋から出て、緑地内や市川の河川敷などを散策しながら野鳥を観察します。

情報源:「市川野鳥観察所」でバードウォッチング(姫路市)

市川野鳥観察所では、シベリア方面からやってきたカモたちが、越冬のため羽を休めるそうです。また、ツグミやジョウビタキなどの冬鳥も姿を見せます。

このバードウォッチングは予約が必要ないので、気軽に参加することができます。

さいごに

野鳥の観察というのは、何やら楽しそうですね。聞こえる鳥の声を聴いて、どこから来たのか、種類は何かが分かると、普段見ている風景が変わりそうです。

バードウォッチングっていうのは、やんごとなき方々のご趣味だと思っていましたが、姫路市では無料でご教授いただけるようです。

浜手緑地公園はウォーキングや散策をするにも適した公園で、歩いているだけで癒された感じがします。

寒くなってきますが、関心のある方は、公園まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

公益財団法人 日本野鳥の会 バードウォッチングを始めよう

>『ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑』をAmazonで見てみる

関連記事:姫路・播磨の絶景スポット 紹介記事5選 兵庫の景観ビューポイント150選も




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます