手柄山中央公園に歩道橋ができるみたい!連絡通路【体育館⇔野球場】で安全に移動

手柄山中央公園の連絡通路イメージ図

スポンサーリンク

手柄山中央公園(姫路市)にある、体育館と野球場のあいだに、歩道橋で連絡通路が整備されます。

工事が始まるにあたり、連絡通路の場所や、いつまで工事するのかなど、計画を調べてみました。

手柄山中央公園の連絡通路整備

姫路市では、手柄山中央公園について、再整備の計画が進んでいます。

手柄山中央公園の園内施設の老朽化等の課題、JR姫路・英賀保間新駅の整備構想および文化センターの移転に対応するため、平成29年1月に「手柄山中央公園整備基本計画」を策定し、同計画に基づきながら、現在、手柄山中央公園の再整備に取り組んでいます。

姫路市HPより

計画は第1期と第2期に分かれており、連絡通路の整備は、第1期の計画に含まれています。

歩道橋ができる場所


連絡通路は、北側の中央体育館・陸上競技場と、道路を挟んだ南側の姫路球場・多目的広場の間に、整備されます。

歩道橋の場所は、姫路中央体育館前の交差点付近になります。

連絡通路の整備工事

イメージ図:姫路市HPより

現在、中央体育館・陸上競技場と、姫路球場・多目的広場は、道路で隔てられているので、横断歩道で渡る必要があります。

今回の工事で、連絡通路を整備することにより、歩道橋を使って、安全でスムーズに移動できるようになります。

連絡通路の工事はいつまで?

契約工期
令和2年6月30日から令和4年3月17日まで

受注者
ノバック・阿比野共同企業体

姫路市HPより

連絡通路の工事は、2020年9月半ばから、伐採などの作業から始まり、2020年11月以降に本格着手が予定されています。

工事期間は、1年半ほどの見込みで、令和4年3月17日までが契約工期となっています。

>最新の工事情報 ノバック公式サイト

手柄山中央公園の連絡通路まとめ

この交差点付近、イベントがあると、混雑しているのを見かけます。連絡通路の整備で、安全快適になるのを期待したいところです。

姫路市民プールが閉鎖した跡地には、JRの新駅を含めた、再整備計画が実施されます。

新駅と最新のスポーツ施設、スムーズな連絡通路で、大きなスポーツイベントが誘致できると、いいなと思います。

姫路市 手柄山中央公園連絡通路の整備について

>『よくわかる最新都市計画の基本と仕組み』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます