【姫路】麻生山(小富士山)に麻生八幡宮の登山口から登ってみた!今も昔も山頂は絶景

麻生山と青空

スポンサーリンク

兵庫県姫路市にある麻生山(小富士山)に、麻生八幡宮の裏にある登山口から、登ってみたので紹介します。

麻生山(小富士山)は、播磨富士とも呼ばれ、播磨エリアでも景色が良い山として人気になっています。

この山は、古くから絶景で知られており、明治時代の姫路ガイド「現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌」のなかに、このような記述がありました。

姫路付近の絶景

姫路付近にある市外の景観を挙げれば、山では増位・麻生・仁寿を推し、水では福泊・恋浜・家島などを語るべきか。

「現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌」p155より

麻生山が推しだというので、登ってみました。

麻生山(小富士山)とは

麻生山とは、兵庫県姫路市にある、標高173mの山です。

神功皇后が朝鮮半島に出兵された時に、船から上陸されてお登りになった有名な山である。その形から「播磨富士」とも呼ぶ。

「現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌」p135より

姫路名勝誌によると「播磨富士」と記載がありますが、現在では小富士山と呼ぶようです。

神功皇后は、朝鮮出兵において、高い功績を残されたことから、武神的な意味で八幡神社に多くまつられています。

スポンサーリンク

麻生山(小富士山)に登ってみた


麻生山は兵庫県姫路市の南東部にあります。

姫路バイパス「姫路東インター」からみて、北西の方向にあり、姫路バイパスを走っていると、北側に麻生山が見えます。

麻生山には、いくつか登山口があるようですが、今回は山の南側にある、麻生八幡宮付近の登山口から登ってみました。

姫路バイパス「姫路東インター」から麻生八幡宮までは、車で5分ほどで行けます。

登山・ハイキングを楽しむ親と子供

麻生八幡宮(姫路市)とは

姫路市教育委員会による麻生八幡宮の案内板

麻生八幡宮は、兵庫県姫路市奥山にある神社です。麻生山の南麓にあります。

住所:兵庫県姫路市奥山563

麻生八幡宮の門前

とりあえず、登山の前にお参り。事故のないように安全祈願をしてきました。

麻生山(小富士山) 付近の駐車場

姫路市奥山にあるため池(東上池)

麻生八幡宮の正面を、右手に進んでいくと、ため池(東上池)が見えてきます。

山を登るにあたり、駐車場は見当たりませんでしたが、池の付近が整備されているので、空いた場所に車を停める方が多いと思います。

麻生八幡宮の裏にある入口

麻生山登山口へ続く道

ため池から、山が見える方向に進んでいくと、登山口が見えてきます。

小富士山の名のとおり、山のかたちが美しい曲線になっています。

麻生山登山口の入口にある階段

ここが入口です。階段を上ると、そこからは登山道になっています。

山頂までまっすぐに山道がつづく

麻生山の登山道

麻生山を登る道は整備されており、山頂に向かって、まっすぐに登っていくイメージです。

麻生山の登山道

このような山道が続きます。少し息が切れますが、会話をしながら登っていける感じです。

大岩でロッククライミング!?

麻生山の途中にある大きな岩

山道の途中には、大きな岩があります。

大きな岩には、上からチェーンが垂れ下がっていて、チェーンを使って登れるようになっています。

チェーンを使わない、回り道もあるので、今回は普通にそちらから登っていきました。

麻生山の登山道が階段状になっている

急な部分は石段になっています。滑らない靴がおすすめです。

途中に池と謎の金魚

麻生山の登山道ほとりにある小さな池

登山道の中ほどにある、崖のかたわらに、幅2メートルほどの小さな池があります。

よく見てみると、金魚が数匹泳いでいました。

池の中の赤い金魚

山の上に池ができているのが不思議ですが、金魚が生きているのも謎です。

誰かが入れたのかもしれませんが、その後は何を食べているんだろう、増えたりするのかなと思います。

麻生山華厳寺(姫路市)

旅大使の石像と地蔵

山頂付近では、旅大使の石像が迎えてくれます。お地蔵さんもありました。

古びたお寺

山の上には、お寺のお堂があります。「麻生山華厳寺」とありました。

お寺の鬼瓦と裏の地蔵

よく見てみると、立派な鬼瓦が見えます。

「寄贈ヤマサかまぼこ」とありますので、姫路に本社があるヤマサ蒲鉾㈱が寄贈されたようです。

お堂の裏には石像が何体も並んでいました。高い場所で周りにさえぎるものがないので、アマチュア無線のアンテナなんかもあります。

山頂までの所要時間は?

麻生山華厳寺前の広場

華厳寺の前には広場があり、そこを進んでいくと、すぐ山頂にたどりつきます。

山頂から播磨灘を望む景色

山頂に到着。これが南側に広がる景色です。見晴らしが良くて絶景でした。

ここから見える白浜地区の向こうには、播磨灘の眺望を見渡すことができます。

小富士山の標高を表す標識

山頂にある標識です。麻生山の高さは173m。

登り口から、ここまでにかかった時間は、25分ほどでした。

途中に少し休憩も入れましたが、ゆっくり登っても30分ほどで山頂まで登れる感じです。

仁寿山が隣に見える

麻生山から望む仁寿山

麻生山の西方には、同じぐらいの高さがある、仁寿山があります。麻生山の頂上からは、仁寿山の景色を眺めることができます。

麻生山から仁寿山へ行く道を表す標識

麻生山から仁寿山へは、いくつか登山道があるようで、道を示す標識がありました。

今回は、来た道をそのまま下山。無事に山登りを終えました。

麻生山(小富士山)は今も昔も絶景

麻生八幡宮から見た小富士山の外観

登山口から見ると急な坂に見えたので、登りきれるかなと思いましたが、意外と簡単に登れました。

山登りというと、険しい山を登るイメージがありますが、麻生山は初心者でも気軽に登れる感じです。

かかった時間は25分ほどなので、軽い運動に適しているかなと思いました。

山頂で食事をしながら、ゆっくり過ごしても、2時間ほどのハイキングコースです。

天気のいい日に、麻生山へハイキングに出かけてみてはいかがでしょうか。

>見やすい地図付き『はりま低山ハイキング』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます

使って得したおすすめサービス




BIGLOBEモバイルはYouTube見放題のオプションがあるので使っています。SIMを替えるだけでスマホ代が大幅に節約できて、何の不便も感じていません。




ネットが混雑する時間帯に回線が重くなることがあったので、NURO光に切り替えました。評判どおりサクサク快適で、料金もお得に節約できました。