姫路で万博!?昭和41年の大博覧会を調べてみた!モノレール手柄山駅⇔姫路駅も

姫路大博覧会の会場模型

スポンサーリンク

1970年に開催された大阪万博の4年前に、兵庫県姫路市で姫路大博覧会が開催されました。

姫路大博覧会は、手柄山をメインに3会場で開催され、姫路駅から手柄山の会場までモノレールが敷かれるなど、万博さながらの大博覧会でした。

大阪万博は語り継がれる有名な博覧会ですが、姫路大博覧会は時とともに知る人が少なくなってきているように思います。

写真など資料が少ないので、手柄山交流ステーションに行って、姫路大博覧会と姫路モノレールについて調べてみました。

姫路大博覧会とは

当時の姫路市中央公園案内図

姫路大博覧会は、兵庫県姫路市で、昭和41年(1966)年4月3日から6月5日まで、約2か月にわたって開催された博覧会です。

テーマは「明日の日本の夢つくる姫路博」でした。

姫路城復元工事の記念、東京オリンピックの協賛事業として、昭和39(1964)年の秋開催で、一旦決まっていましたが、同年に入る頃から起こった不況により、延期になりました。

その後、昭和45(1970)年の大阪万博開催が決まったことから、博覧会の開催によって播磨一円の不況ムードを一掃し、景気を立て直そうと、昭和41(1966)年春開催で実施が決まりました。

姫路大博覧会の会場

博覧会開催当時の手柄山中央公園の諸施設

姫路大博覧会は、中央会場(手柄山中央公園)、城南会場(大手前公園)、名古山会場(名古山霊苑)の3会場で開催されています。

写真を見てみると、手柄山の中央会場では、山を削って大胆に開発されたのがわかります。

中央会場(手柄山中央公園)

姫路博中央会場

中央会場では、シンボルとなる回転展望台をはじめ、テーマごとに展示館や遊具が設置されるなど、会場内ではさまざまな催しが行われました。

また、姫路大博覧会の開催に合わせるかたちで、姫路駅から手柄山の会場まで、モノレールが敷かれています。

城南会場(大手前公園)

姫路博城南会場

姫路城の南側にある、大手前公園では、防衛や災害派遣など、自衛隊の活躍を紹介する防衛館が設置されました。

屋外では航空機、機雷、魚雷、戦車などが展示されました。

名古山会場(名古山霊苑)

姫路博名古山会場

姫路駅から北西に位置する、名古山霊苑では、仏舎利塔を中心とする、名古山霊苑一帯を会場として、宗教美術館、回天館が配置されました。

姫路大博覧会パビリオンの写真

姫路大博覧会のパビリオン

子供の国館 | 電波館 | 宇宙館
電力館 | 観光めぐり館 | 演芸館

姫路大博覧会のパビリオン

国際館 | 古銭・たばこ館 | 繊維館
生活科学館 | 播磨館 | 交通科学館

姫路大博覧会のパビリオン

姫路館 | 海底探検館 | 近代工業館
安全館 | 農林水産館 | 自動車館

モノレールが手柄山駅⇔姫路駅間で開通

実際の姫路モノレール車両

姫路モノレールは、姫路駅から姫路大博覧会の中央会場(手柄山中央公園)へのアクセスとして、全国の自治体に先駆けて導入されました。

姫路モノレールの開通は、未来の都市交通を展望する、新しい交通手段としても注目されます。

しかし、開通については、建設許可や交渉の難航により、開催に間に合わず、途中の5月17日正午から営業運転を開始しました。

モノレールの山陰延伸構想

姫路モノレール計画図

姫路モノレールは、南は飾磨・広畑の工業地帯へ、北は姫路城付近を通って、野里の住宅地帯、書写山、さらには豊岡、舞鶴へと延伸する構想がありました。

当時は、姫路まで新幹線の敷設が決まっていたので、姫路に新幹線の駅ができると、山陰に住む人達は姫路から乗車するだろうという、思惑があったそうです。

モノレールは廃線・解体

当時の姫路駅前周辺地図

姫路モノレールは、姫路大博覧会中央会場への輸送手段として運行を開始しましたが、昭和49年4月11日に休止、昭和54年1月26日に廃止となります。

東京モノレールに次いで、日本で2番目の本格的モノレールは、開業から8年ほどの運行期間でした。

レールや橋脚は、時代とともに解体されており、現在では姫路駅周辺や船場川沿いなど、一部の区間で当時の構造物が残るのみとなっています。

モノレール跡が遺構として展示

実際の姫路モノレール車内

姫路大博覧会中央会場にあった、姫路モノレールの手柄山駅は、現在「手柄山交流ステーション」として残っています。

姫路モノレールの車両と、駅プラットホームが、当時のまま展示されており、車内にも入れるようになっています。

最近では姫路モノレールが、土木学会選奨土木遺産に認定されるなど、遺構として注目を集めています。

描かれた未来の姫路

姫路大博覧会では、次世代交通のモノレールや高速道路、港湾整備など、大きな街づくりで発展した姫路の姿が描かれていました。

姫路で万博!? 関西万博の提案も

回転展望台

2025年に開催される、国際博覧会(大阪・関西万博)について、兵庫県知事から万博担当相に、会談のなかで、次のような提案がありました。

井戸知事は神戸市、姫路市、淡路市にサテライト会場を設ける案を提案。井上担当相は「関西全体を盛り上げるのには大事なことだ」と語った。

2020年10月16日(日本経済新聞)より

この提案、実現するといいですね。

姫路市では、姫路大博覧会中央会場だった、手柄山中央公園について、再整備計画を進めています。

スケジュールを見てみると、1期と2期に分けて整備する計画のうち、1期については、令和7年度(2025年)を目標に整備を予定しています。

現段階では、あくまで目標とする予定ですが、タイミング的に大阪・関西万博と、ピッタリだと思います。

手柄山交流ステーションに展示室

手柄山交流ステーション案内板

兵庫県知事の提案が、実現するといいですね。

関西万博姫路サテライト会場ができて、子供達がワクワクするような、明るい未来の姿が、見られるといいなと思います。

何にしろ、手柄山再整備事業1期完了の記念には、何か大きなイベントを開催してほしいところです。

手柄山交流ステーションでは、姫路大博覧会の模型や、姫路モノレールの展示を、無料で観覧できます。(※駐車場有料)

手柄山では秋のイベントが開催されますので、姫路大博覧会の展示を見ながら、手柄山を散策してみてはいかがでしょうか。

手柄山オータムフェスティバル
10月24日(土)~11月3日(火祝) チラシ(PDF)

手柄山交流ステーション 公式サイト

>『2025年 大阪・関西圏 未来予想図』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます