明るい姫路研究所は「ひめじラボ」にリニューアルしました

書写山ロープウェイ 犬と一緒に乗ってみた!【山麓~山上】ペット連れてお出かけ旅

スポンサーリンク

書写山ロープウェイに、山麓の駅の乗り場から、犬と一緒にゴンドラに乗って、山上へお出かけ旅をしてきました。

書写山の円教寺は、映画のロケ地になるなど、姫路の観光で人気のスポットになっています。

書写山ロープウェイの行き方から、料金、無料駐車場、バスでのアクセスや、お得な割引セット券など、行きから下りまでを紹介します。

書写山ロープウェイとは

書写山ロープウェイは、兵庫県姫路市にある、書写山の麓と山上を結ぶ、ロープウェイです。

書写山の山頂付近には、書写山円教寺があり、ロープウェイに乗ると、東坂参道の途中まで行くことができます。

1958年の開業以来、ロープウェイはゴンドラが進化しており、2018年に、現在の視界が広いタイプにリニューアルしています。

書写山ロープウェイの場所と住所

住所:兵庫県姫路市書写1199番地の2

書写山は、兵庫県姫路市の北西部に位置する、標高371mの山です。

書写山ロープウェイは、書写山の南東の麓に乗り場があり、麓の駅から山上の駅まで、一直線に続いています。

乗り場は、山陽自動車道「姫路東IC~白鳥PA」の間にあたる、高架下付近にあります。

カーナビ目的地設定の注意
書写山ロープウェイを目的地に設定すると、高速道路上に設定されてしまう場合があるので、隣接している『書写の里・美術工芸館』に設定するのがおすすめです。

無料の駐車場・パーキングに車をおける

書写山ロープウェイには、乗客が利用できる、無料の駐車場があります。

山陽自動車道の高架下には、バイク用の二輪駐車場もあります。

バスでのアクセスは姫路駅からセット券

姫路駅からバスで書写山に行くには「書写山ロープウェイ行き」の路線バスが出ています。

姫路駅から姫路城、好古園を経由して、ロープウェイの乗り場が終点になっています。

神姫バスの姫路駅前案内所では、バスの往復乗車券と、書写山ロープウェイがセットになった、お得なチケットが販売されています。

>神姫バス お得な乗車券

書写山ロープウェイの料金

ロープウェイの料金は、大人が往復1000円片道600円です。小人は、その半額になっています。

ロープウェイの乗車券は、乗り場の券売機で購入できます。

コインロッカーに荷物を保管できる

券売機の近くには、コインロッカーが用意されています。

山上駅から、書写山円教寺の境内を、ゆっくり見て回るのに必要な時間は、約2時間が目安なので、大きな荷物はコインロッカーでの保管がおすすめです。

犬と一緒にゴンドラ乗ってみた

書写山ロープウェイは、犬と一緒に乗ることができるので、散歩に出かけてみました。

わんこ

わーい!今日は、書写山で散歩だー!

山麓の駅の乗り場でゲージを貸出

犬と一緒にロープウェイに乗るには、ゲージに入れる必要があります。

山麓の乗り場「書写駅」に事務所があり、ゲージを貸し出しているので、ここでゲージを借りました。

こちらが借りたゲージです。レンタル料金は、300円でした。

ゲージは、いくつかのサイズが用意されているそうです。

事務所では、ペットに合わせたゲージを、貸し出してくれます。いずれも料金は同じです。

わんこ

入るかな~くんくん。

こちらがゲージに入れたところです。小型犬に合ったサイズを用意してくれました。

わんこ

少しのしんぼうだワン!

山上の駅まで所要時間4分

こちらがロープウェイのゴンドラです。黄色と緑色の2台のゴンドラが、交互に行き来しています。

ゴンドラの中には「かかし」が座っていました。

ここから北に行った、奥播磨地域は「かかしの里」として、町おこしをしており、集落のいたるところで「かかし」が見られます。

わんこ

かかしさんと記念写真してみた!

こちらが、ゴンドラから、下をみた風景です。

乗車中は、ガイドさんが書写山の見どころを紹介してくれます。

わんこ

書写山の景色はキレイだな~

山上駅に近づいてきました。ロープウェイの所要時間は、約4分です。

景色を見ていると、あっという間ですが、山上の空中散歩を楽しめます。

こちらが山上駅になります。降りたところで、犬をゲージから出して、係の人に預けます。

ゲージは、山上駅で預けておいて、帰る時にまた、同じゲージに入れて、ロープウェイを下ります。

書写山ロープウェイの展望台

こちらが、山上駅にある展望台からの景色です。

ここからは、遠くに臨海地域の煙突が見えるので、天気の良い日は瀬戸内海まで見渡せます。

こちらの山上駅は、リニューアルする整備計画があり、姫路市において予算が計上されています。

>関連記事:書写山に展望デッキができる

円教寺に向かってお出かけ旅

ロープウェイの山上駅は、書写山円教寺に行く、東坂参道の途中にあるので、ここからは、山道を歩いて行きます。

ここからの山道は、とてもきれいに手入れされていました。

ここから、東坂参道を進んで入山するには、志納金(中高生以下は無料)が必要になります。

東坂の参道には、西国三十三霊場それぞれの観音菩薩像が置かれています。

ロープウェイの山上駅から円教寺本堂までは、約20分の山道を歩く道のりです。

わんこ

今日はエチケットウェアを付けているので安心

書写山円教寺の摩尼殿につきました。

階段の手前には、お茶屋さんがあるので、紫黒米の甘酒と、焼餅をいただきながら、少し休憩しました。

わんこ

お茶屋さんでゆっくり休憩
(*^-^*)

書写山円教寺は、西の比叡山と言われ、書写山の山上には、お寺の建物などが立ち並んでいます。

書写山は四季折々の風景を楽しむことができるので、姫路の観光スポットとしても人気になっています。

わんこ

書写山たのし~、次はどこかな
(^O^)/

三つの堂につきました。ここは映画の撮影などで、よく使われているそうです。

各お堂には、由来を記した案内板が設置してあったので、読みながら2時間ぐらい、歩いて散策しました。

由来や歴史を知ると、より一層、書写山円教寺を楽しむことができるなと思いました。

わんこ

大講堂を背景に記念撮影してみた!また来たいな~

書写山ロープウェイ まとめ

書写山ロープウェイに乗ると、標高371mの山頂付近まで、気軽に散歩に出かけられます。

境内は丁寧に整備されているので、山の景色を楽しみながら、自然の中を散策できます。

ペットを連れて行く人も、そうでない人も、天気の良い日は、書写山を観光してみてはいかがでしょうか。

書写山ロープウェイ 公式サイト

>『書写山―遊歩ガイド』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます