十二所神社がスゴイ理由 ポテンシャルが半端ない




姫路駅から北西に10分ほど歩いたところに、十二所神社があります。名前が町名にあるように、歴史が古い由緒ある神社です。

  • 所在地:姫路市十二所前町120
  • 祭神:少彦名神(すくなびこ なのかみ)
  • 創建:928年(延長6年)

十二所神社とは

そもそも、十二所という名前の神社は、十二社神社や、十二神社など、日本全国に存在しています。

古くからの十二様と称する土着の神様を祀ったものや、熊野神社の系列のものがあり、15社ほど類した名前の神社があります。

そんな中で、姫路の十二所神社は、むかし疫病が流行ったときに12本の薬草が生え、神様のお告げがあったというのが、名前の由来になります。

延長6(928)年3月1日に、この神社の南方の南畝丘に十二茎のヨモギが生え、「これで体をさすれば、さまざまな病が治るであろう」との神託があり、よってその丘に一社を創建した。その後、安元元(1175)年9月9日に現在地に遷し、元の地を御旅所とした。

矢内正夫『現代語訳 姫路名勝誌』(神戸新聞総合出版センター、2013年)

>『現代語訳 沿革考証 姫路名勝誌

このことから、十二所神社は、医薬の神様として、病気平癒などの御神徳があるといわれています。

お菊神社の由来と起源

神社北側/道路沿いの看板

十二所神社の境内には、“お菊”が祀られた「お菊神社」があります。播州皿屋敷のお菊が十二所神社に参詣していたという伝承から祀られています。

皿屋敷とは、お菊の霊が夜な夜な皿を数える怪談話で、日本各地に言い伝えがあります。

播州皿屋敷のほかにも、江戸番町皿屋敷、さらには出雲や土佐などありますが、有名なのが播州皿屋敷と言われています。

歴史家の研究によると、播州皿屋敷について、詳しく史実と照らし合わせると、事実が無かったのは明らかであり、作り話であることに気づくと書かれています。

姫路ではお城が建てられたずっと前から、逸話が伝わっているので、長い歴史の中で怪談話が盛りに盛られて創作されているようです。

お菊神社の由来と起源の疑問については、こちらの記事に詳しくかかれていました。

>「皿屋敷」播州の伝承 今に お菊神社(日経新聞コラム)2018年7月11日

要するに、よく似た歴史背景が日本各地にあるので、皿屋敷は定番ストーリーの人気怪談話だったわけです。

世界では、お城の近くに怪談話はあるのだろうか

お城の近くに怪談話があるというのは姫路城だけなのでしょうか。海外にも古いお城があるので、怪談話を検索してみました。

>幽霊が出る噂がある世界のお城

>【超恐怖体験】行ったが最後!幽霊が出ると噂のいわくつきのお城13選

>スリル満点!「怖い伝説」をテーマに巡るヨーロッパの旅7選

>美しく血塗られた世界の幽霊城。怖そうなほうから勝手にランキングしてみた!

ヨーロッパを中心にお城の怪談話は、いくつかあるようです。

しかし、タイトルを見るだけで、どれもこれも気持ち悪いですね。この並びに姫路城があると思うと、悲しい気持ちになります。

海外の怪談話を聞いて、気持ち悪いと思うということは、逆に考えると、お菊神社は、観光客にとっては怖くて近寄りがたい存在なのではないでしょうか。

お菊神社の看板をおろし、医薬の神社へ

神社北側/道路沿いの看板

お菊神社の物語は、江戸時代に歌舞伎や浄瑠璃の演目で人気だったために、人気にあやかろうと、観光スポットの一つとして、作りあげられたというのが、筆者の見方です。

時代は変わり、外国人観光客が多く訪れるなかで、お城の近くにある怪談話が、有名だというのは、いかがなものでしょうか。

そこで、十二所神社は、お菊神社の看板を下ろし、創建の由来である医薬の神社として、観光客にPRすることが、できないでしょうか。

姫路城に来た観光客が、十二所神社にお参りをして帰る。身近に病気の人がいれば、お守りを買って帰る。

そうすることで、姫路城から神社への参拝だけでなく、途中にある飲食店街なども楽しんでいただけると思います。

令和の時代を迎えて、新たに十二所神社へお参りする方が増えることを、期待したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼