誰も語らない特攻服の歴史 昔ヤンキー、今コスプレ。最新は?




※写真の特攻服はAmazonで販売されているものです。

姫路のゆかた祭りでは、特攻服を着た若者が問題になることがありました。ところで、あの特攻服というのは、いつから始まったのでしょうか。ざっくりと調べてみました。

特攻服 ≠ 特攻隊

特攻服について、取材記事がありましたので紹介します。

◆特攻服から見える不良ファッションの思想と歴史(日刊SPA)2015年4月19日

http://bit.ly/2MRU7a3

横浜で元暴走族だったという、岩橋さんの話によると、特攻服が着られるようになったのは、70年代の初め頃だそうです。それまでの暴走族は、ドカジャン(土木作業着のようなもの)などを着たスタイルでした。

ある時から、右翼団体が着ていた隊服を取り入れるようになり、「戦闘服」などと呼んでいたそうです。刺繍の文字に右翼系の言葉が多かったのは、このためだそうです。

ちなみに、「特攻服」というと、「特攻隊」をイメージするかもしれませんが、 全く関係がありません。

第二次世界大戦中における、特別攻撃隊の関係者が着ていたのは、飛行機の操縦士が着る「飛行服」でした。

※ 本の写真を参考

おそらく、暴走族は危険な行為を行い、警察に追われたりするので、いつのまにか、危険をかえりみない命知らず=特攻隊と呼ばれるようになっただけのようです。

服装は全く関係ありません。

昔ヤンキー、今コスプレ。

前出の岩橋氏の話によると、現在でも卒業式や成人式で特攻服を着てる少年がいますが、あれは単なるコスプレだそうです。ヤンキーはごくわずかで、ほどんど普通の子が着ているといいます。

今では特攻服をコスプレ用として売っているところもあります。気志團のように、ヤンキーファッションで活躍するアーティストもいますからね。

何年か前に、卒業式で特攻服を着て集まっていた若者が、駅前で騒ぎをおこし、警察が補導するというニュースがありました。

彼らの主張は、「大人はハロウィーンで大騒ぎするくせに、なぜ、子供はだめなのか。」という言い分でした。

コスプレだと解釈すると、もっともな気もします。

特攻服ファッションブランドが登場

さらに、特攻服は進化しているようです。

◆特攻服ヤンキーファッションが海外で話題!ブランドも「YANKEE」に注目(pikarine)

http://bit.ly/2R2wVE6

2018年9月に、アパレル新ブランドとして「 〜特攻〜TOKKOU 」なるものが誕生したようです。

ヤンキーをサブカルチャーとして捉えて、デザインされた特攻服を海外に発信しています。

若者の特攻服について、 否定的な意見があるかもしれませんが、ここまでくると、見方が変わるかもしれませんね(笑)

そもそも、「特攻服」と呼ぶから感じが悪くなるわけで、時代も変わったことですし、「Words Written Jacket」とか、「スピリットスーツ」とか、名前を変えれば、印象が変わると思いますけどね(笑)

さいごに

姫路市では、特攻服姿などによる集団での迷惑行為を禁止する条例があります。しかし、特攻服などの、服装を指定した規制は、行きすぎだと思います。

問題なのは、周りの人に迷惑行為をしたり、騒動を起こすことであって、服装には罪がありません。

問題の本質にあるのは、社会の構造的な問題だと思います。目先の規制だけではなく、貧困などの経済問題や、教育について、対策に取り組んでほしいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼