姫路空襲の日にちは?姫路城はどうだったの? 覚えておきたい被害と範囲の記録

スポンサーリンク

姫路市にとって、7月3日は何の日かご存じでしょうか。7月3日は姫路大空襲があった日なのです。

姫路空襲とは

姫路空襲とは、1945年6月22日と、7月3日深夜から7月4日未明にかけて、姫路市が受けた2度の大きな空襲のことです。

私たちの姫路は戦時中に計九回の空襲を受けましたが、そのうち昭和二十年六月二十二日の「川西航空」を中心とする昼間爆撃と、同年七月三日の夜から四日にかけての、全市にわたる焼夷弾大空襲によって、五百数十名の犠牲者と、市の大部分がガレキの焼野原になりました。

姫路空襲を語りつぐ会(1973年)『姫路空爆の記録』まえがきより引用

空襲の被害

この2度の空襲で姫路の市街地は壊滅的な被害を受けました。空爆を受けた罹災(りさい)人口は56,678人、死没者は490人(慰霊塔側柱の数字による)でした。

>姫路市における戦災の状況(総務省HP

姫路城はどうだったの?

姫路空襲を語りつぐ会『姫路空爆の記録』より

姫路城は1次爆撃、2次爆撃ともに罹災を免れています。

姫路空爆の記録』のなかでは、未明の空襲から夜が明けた時に、姫路城が無傷であったことに感動をしたエピソードが書かれています。(P157)

空襲被害の範囲

姫路空襲を語りつぐ会『姫路空爆の記録』より

想像してみてください。深夜にアメリカの飛行機が飛んできて、未明にかけて爆弾を落としまくるって、今では全く考えられませんよね。

しかし、今から74年前には、そんな出来事が、本当に現実に起こったのです。

どうすれば、防げるの?

戦争の経緯など過去については記述しませんが、将来この先、二度とこのような惨劇が起きないようにするには、どうすればよいのでしょうか。

みんなで集まって、平和を願って空を拝んでみても、何にもなりません。

そこで、一般市民としてできる、最善の行動は、選挙に行くことです。

幅広い知識をもって、国民の安全について合理的に考えることができる人、攻撃をしてくるかもしれない周辺の国々と、うまく交渉できる人に、代表になってもらうことです。

そういった方々に、私たちの安全を付託するほかに、方法はありません。

身近な事も大切ですが、大きな問題を解決できる人を、選挙で選んでみてはいかがでしょうか。

姫路市 選挙管理委員会事務局

> 姫路空襲を語りつぐ会『姫路空爆の記録』をAmazonで見てみる

あわせて読みたい関連記事:世界一大きな剣が姫路にあった 平和の思いを次世代に 手柄山の慰霊塔




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます