姫路の海沿い 古地図で学ぶ 昔の大津はどんなんだったのだろうか?




姫路市の大津地区から平成26年に「大津古文書集」が発行されてます。

古絵図でみる大津の歴史 – 三木和成(選挙ドットコム)2019年3月30日

https://bit.ly/2HNtEqz

大津の歴史

この冊子を見てみると、天満・長松・平松に人々が住み始めたのは、鎌倉時代の1200年頃とあります。

いい国作ろう鎌倉幕府って習いましだが、そんな時代から人が住んでいたのですね。

播磨風土記(奈良時代初期713年頃)にも地名が出てくるそうです。

歴史のロマンを感じますね。

姫路といえば姫路城で有名なのですが、姫路城ができる400年も前から大津には人が住んでいたのですね。

網干の遺跡

もっとさかのぼると、網干地区には弥生時代の遺跡ができてます。文字が残っておらず歴史として記録されていませんが、紀元300年頃には明らかに人が住んでいる痕跡が残っているんですよね。

何を食べていたんだろう?どんな言葉を話していたんだろう?どんなかっこうをしていたんだろう?

想像力をかきたてられます。

温故知新

歴史にロマンを感じたところですが、温故知新といいますか、この先どうするかってのを語ってほしいこころです。

大津地区は長らく稲作の適地で人々が栄えましたが、その後、経済の発展にともない、工業地域として栄えました。

時代に対応した先人たちの判断は立派でしたね。そのおかげで現代の人々は大きな恩恵を受けています。

これからの時代はどうなるのか。このまま工業の町として存続できるのか。はたまた、町に新しい産業を呼び込むのか。

歴史と先人の知恵に学び、新しい時代について議論を深めてほしいですね。

>網干まちづくりの会が出版 『歴史と景観のまち 網干を歩く

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で明るい姫路研究所をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼記事を今すぐSNSでシェアする▼