姫路駅前の建物高さ制限が変わる!? 大手前通りでビル建設計画・建て替えを促進

大手前通りから見た姫路城

スポンサーリンク

姫路市では、駅前の大手前通りについて、高さ制限など、建物の規制を変更する計画が進んでいます。

姫路城を眺める景観の保全と、ビルの建て替えによって土地利用を促す、規制変更の素案が公表されたので、大手前通りの、ビル高さ制限について紹介します。

姫路駅前 大手前通りとは


兵庫県姫路市にある、大手前通りとは、姫路駅から姫路城まで、まっすぐに整備された、幅50mの道路のことをいいます。

世界遺産姫路城を眺める景観を有しており、景観の保存が求められる一方で、商業地として有効な土地利用を図る必要があります。

姫路駅前 大手前通りの建物高さ制限

姫路市 変更素案(PDF)より

姫路市駅前の大手前通りには、姫路城の景観を保全するために、建物の高さや、外観、屋外広告物などに規制があります。

現在は、景観計画によって、大手前通りに面する敷地に、建物の高さを35mに制限する規制がかかっています。

しかし、その後ろにある後背地は、高さ規制を受けていないので、高層建築物によって景観に影響を及ぼすおそれがあります。

建物高さ制限を変更する素案

姫路市 変更素案(PDF)より

今回、姫路市は、大手前通りに面した敷地の規制を継承しつつ、その後ろの後背地に、高さ50mの新たな規制を設ける、変更素案を発表しました。

この高さ規制は、姫路城の天守、備前丸、石垣の高さをもとに、基準が設定されています。

また同時に、店舗の外観や広告等についても、姫路城への景観を配慮した規制に、変更されています。

変更素案は、景観の保全と、ビル建替えの促進を考慮した規制になっています。

ビル建設計画・建て替えを促進

姫路市 変更素案(PDF)より

姫路市の素案のなかに、変更案をもとにシュミレーションした、イメージ図がありました。

図の中には、大手前通りから一歩引いた後背地に、新しく建てられた、高いビルのイメージが描かれています。

大手前通り高さ規制まとめ

今回発表した素案について、姫路市では、パブリックコメント(市民の意見)を募集しています。

実施期間:令和2年7月10日(金)~8月11日(火)

>パブリックコメント 募集サイト

パブリックコメントの結果を経て、令和2年度に高さ規制等の変更、令和3年度に施行という、スケジュールが予定されています。

様々な意見を反映した、より良い規制ができて、姫路駅前が新しいビルの建設で、活性化するといいなと思います。

姫路市 大手前通りにおける建築物等の高さ規制等の変更(素案)

>『市民のための景観まちづくりガイド』を見てみる

関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます