姫路大塩駅南の広い土地 リゾート開発計画を正式に廃止へ

スポンサーリンク

イメージ

姫路大塩の開発計画が、正式に廃止されるようです。

◆ 姫路の巨大リゾート夢破れ 半世紀前構想、バブル崩壊で頓挫 月末にも正式廃止(神戸新聞NEXT)2019年7月15日

http://bit.ly/2Yf2eSf

姫路大塩とは

開発計画のあった姫路市大塩町は、姫路市の南東に位置する、播磨灘に面した海沿いの町です。その名の通り、大きな塩田の跡地があります。

大塩町は、山陽電車の「大塩駅」があり、阪神梅田行の直通特急が停車します。山陽姫路まで10分、山陽明石-20分、阪神三宮-50分で、都市部に近く便利な立地にあります。

関連記事:山陽電鉄大塩駅に整備計画 橋上駅舎北と歩道橋

山陽大塩駅から海岸沿いまでは2㎞ほどで、その間には甲子園球場約45個分の広大な敷地が広がっています。

大きな土地にリゾート開発計画

1990年広報姫路1月号より

神戸新聞の記事によると、バブル期には大塩の塩田跡に、大規模なリゾート開発の計画がありました。しかし、ゴルフ場はオープンしましたが、その後の計画は進まず、このたび正式に廃止が決定するに至りました。

バブル期の計画は、現在のゴルフ場を囲むように、マリーナや水族館、ホテルやショッピングモールなどの構想があったそうです。

昭和の時代は良かったですね。大規模な開発計画が実際に進められて、街が大きく発展する、良くなるという期待が持てました。

現在、開発計画のあった土地には、太陽光パネルが並べられ、発電施設として活用されています。

播磨臨海地域道路の候補地

大塩町を含む播磨臨海地域には、新たに高速道路を建設する計画があります。

関連記事:30年後、姫路近郊の高速道路はどうなっているのか 道路整備計画のまとめ

この道路を建設する周辺予定地には、大塩町が含まれるので、これまで“塩漬け”になっていた土地に、新たな期待が高まっています。

バブル時の計画は正式に廃止することが決まりましたが、今後、この土地を利用する新たな計画が出てくる可能性があります。

都市圏から近く、開発余地が残されたまとまった土地は、全国的にも珍しいと言われています。

さいごに

大塩町の土地については、先進的なアイデアをもって、新たに活用する計画ができるのを期待したいですね。

はたして、令和の時代から将来を見据えた新しい活用方法とは、どのようなものが適しているのでしょうか。

この記事に関して、Twitterでハッシュタグをつけました。いろいろな意見があると思いますので、是非つぶやいてみてくださいね。

明るい姫路研究所 Twitter #開発計画姫路大塩

関連記事:都市計画の関連記事まとめ 姫路の変化を追いかけてみた 【随時追加】




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます