姫路第二発電所(関西電力) 世界最高効率のLNG火力発電がスゴイ!あの煙突って何?

スポンサーリンク

関西電力姫路第一発電所の煙突

姫路市には、海岸沿いの工業地帯に、大きく目立った煙突が2本あります。何だろうと気になったので調べてみました。

関西電力とは

【会社概要】 ※関西電力HPより抜粋

会社名関西電力株式会社
本店大阪市北区中之島3丁目6番16号
設立1951年5月1日
事業内容電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等
売上高2兆7,971億円(2019年3月期)
※連結ベース:3兆3,076億円
従業員数20,351名(2019年3月現在)

説明するまでもありませんが、関西電力は近畿2府4県および周辺エリアに電力を供給している電力会社です。

姫路市では第一発電所(飾磨区中島)と、第二発電所(飾磨区妻鹿)の2カ所で、LNG(天然ガス)火力発電所を運転しています。

姫路第一発電所 姫路第二発電所

※ マップの写真は関西電力姫路第二発電所の煙突

関西電力は、1955年に姫路第一発電所で1号機の運転を開始。その後、1963年に第二発電所で1号機の運転を開始しています。

現在では、第一発電所4ユニット、第二発電所8ユニットを有しており、第二発電所においては、関西電力の火力発電所で最大規模を誇ります。

■ 姫路第一発電所:最大出力151万(kw)
■ 姫路第二発電所:最大出力412万(kw)

姫路市のどの辺にあるの?住所は?

関西電力姫路発電所は、姫路市の海沿い、播磨臨海工業地帯にあります。

JR姫路駅から南へ約6㎞に位置し、車に乗って約20分で行くことができます。

■ 姫路第一発電所
住所:姫路市飾磨区中島3058番1(マップ)

■ 姫路第二発電所
住所:姫路市飾磨区妻鹿常盤町 (マップ)

コンバインドサイクル発電

ガスタービンのイメージ

姫路第二発電所は、1600℃級ガスタービンを用いた、最新のコンバインドサイクル発電方式へと、設備が更新されています。

ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)とは、現在のところ、化石燃料を使用するなかで、最もクリーンで高効率な発電設備です。

Gas(ガス)液化天然ガスなど
Turbine(タービン)流体または蒸気エネルギーを翼に受け、その力で軸を回転させる装置
Combined(コンバインド)組み合わせた
Cycle(サイクル)循環、サイクル

GTCCは、ガスタービンの発電に加え、その排熱を利用し、蒸気タービンの発電を組み合わせることで、高い発電効率を実現します。

この方式は、従来の火力発電より発電効率が約20%向上すると言われており、姫路第二発電所においても、熱効率は従来の約42%から世界最高水準の約60%に達しています。

姫路第二発電所の1~6号機には、「1600℃級MACCII」という、世界最高水準の効率を達成する発電機が使われているのです。

三菱重工 GTCC発電プラントを参考

煙突の景色

姫路海沿いの景色では、関西電力の大きな煙突2本が、際立って目立ちますよね。

なんと妻鹿にある煙突の正体は、世界最高水準の効率で電気を作る発電所の煙突でした。

スマホの充電や家の照明も、ここで作った電気が流れていると思うと、煙突の景色が変わって見えるかもしれません。

関西電力 火力発電所について

YouTube 姫路第二発電所 設備更新工事点検作業(動画)

>最新の会社情報と採用データがわかる『2020年度 関西電力の就活ハンドブック』を見てみる

■ あわせて読みたい関連記事

大阪ガスが姫路に天然ガス発電所 事業計画をざっくりまとめてみた

パナソニック姫路工場はどうなる?車載電池は?液晶パネル生産を終了へ

三菱電機が姫路製作所に建設「新実験棟」が竣工 自動車製品を拡大




関連記事 & スポンサーリンク


下のボタンでシェアできます